最新の頁   »   短歌一般  »  今泉さん
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

 今泉重子(いまいずみ かさね)がこの世を去ってから、今年は18年になる。生きていれば45歳、きっと落ち着いた歌を作っていただろう。

  (一ノ関忠人『日々のクオリア』2014年3月20日付)



今泉さんがいなくなって18年か。
瞬く間のような気もするし、
気の遠くなるほど長い時間であるような気もする。

45歳の今泉さんも、死を選ぶだろうか?


昼おそく鳴ける地虫の声ひくし君のシャツ肩にあたたかき午睡

  (『龍在峠』2007年、59頁)



昼下がりに夫の大ぶりなシャツを羽織って、
ひとり畳に臥す妻の歌。

と読める。「昼」と「午」の重複感が惜しい。


(2014.3.21 記)

関連記事
NEXT Entry
「君の誕生日そして命日」の解釈
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
94
初めまして。
ふと、高校時代の恩師である今泉先生のことを思い出し、検索してみたら、このサイトに行き着きました。
先生が亡くなったことは知っていましたが、まさか、という気持ちでいます。今は海外におりますが、先生の御墓参りにいずれ又伺いたいと思っています。もし先生のご両親の連絡先をご存知でしたら、教えていただけませんでしょうか?お願いいたします。

95
拙文をお読みくださり、ありがとうございます。
今泉さんの授業を受けられた方なのですね。
申し訳ありません、私はご両親の連絡先は存じません。

『龍在峠』はなかなか入手困難のようですが、
何首かの歌はネット上でも読むことができます。

96
ありがとうございました。

帰国したら、同級生に聞いて見たいと思います。
今泉先生には、現国を一年教わりましたが、とても楽しい授業でした。重子の名前の由来を、自己紹介で教わったのですが、どの歌からか失念してしまいました。万葉集だったかな?

ぜひ、龍在峠は入手して読んでみようと思います!

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930