最新の頁   »   会津八一  »  会津八一の年譜について(1)入歯
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 会津八一の年譜は、1980年代に刊行された十二巻本『会津八一全集』(中央公論社)収載のものが一番正確で詳しい。したがって、八一の生活と文学活動の時期を確かめたいときは、まずこれを見ることになる。しかし、そもそも年譜は編者の方針によって編集されたものであり、いうまでもなくそれは事実そのものではないのだから、完全無欠の年譜というものはあり得ない。記載から漏れたところに真実があることもある。八一の年譜の場合も同様だ。

 この十二巻本全集の年譜は、八一本人が最晩年に記した自筆年譜を第一の資料にしている。自筆年譜の内容は、50年代に刊行された九巻本『会津八一全集』(八一の最初の全集。中央公論社)によって知ることができる。こちらの全集収載の年譜は自筆年譜を底本とし、編者によれば「印行にあたつて厳格に底本を踏襲した」という。

 さて、両者を比較すると、一見この上なく詳細に見える十二巻本全集の年譜も、実は自筆年譜のすべての記事を採ったわけでない、ということが分かってくる。たとえば、自筆年譜の1951年(70歳)の項に

 入歯。



という謎の二文字がある。十二巻本全集の年譜には、これに相当する記事がない。

 いや、謎ではない。これは、初めて入れ歯を入れたという意味だ。本人にとって重大事件だったということは理解できるが、年譜の記事としては空前絶後。十二巻本全集の年譜の編者は、苦笑しながらその不採用を決めたことだろう。

(続く)


関連記事
NEXT Entry
会津八一の年譜について(2)帝国軍艦
NEW Topics
窪田空穂と会津八一(4)
窪田空穂と会津八一(3)
窪田空穂と会津八一(2)
窪田空穂と会津八一(1)
川野芽生「私達が聴かなかった声」メモ
染野太朗「異化について」メモ
瀬戸夏子「デザインの書」メモ
大井学「浜田到の百年」メモ
『ねむらない樹』vol.1を読んで(3)
北村早紀の高島裕批判について
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930