最新の頁   »   短歌一般  »  こいさんの歌
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

こいさんと呼ばれてお前は町を行く黄色い帯をひらひらさせて
   阪上民江(『塔』2014年1月号より)



 「こいさん」というのは、大阪の船場で「良家の末の娘を敬愛して呼ぶ語」(広辞苑第五版)。今はもう使わないだろう。この一語で回想詠の気分が出る。

 現代のいわゆる標準語しか話せない私が「こいさん」を知っているのは、『細雪』の登場人物の一人がそう呼ばれていたからである。いつだったか、生まれも育ちも大阪の母にこの言葉を知っているかどうか尋ねたら、自分で使ったことはないが聞いたことはあるという。実際に発音してもらったところ、「い」の音を高くするのだった。標準語の「おねえさん」の「え」を除くと、音の高低がほぼ同じになるようだ。

 歌の中に方言が入る場合、読者はたいていその発音の仕方を再現できない。したがって、自己流でそれらしく読むことになる。しかし、「こいさん」ぐらいは教えてもらえばなんとかなるので、元々のイントネーションで読みたい。

 母は1940年代の生まれ。掲出歌の作者はもう少し年長の方か。


(2014.1.26 記)

関連記事
NEXT Entry
地名のイントネーション
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930