最新の頁   »   中城ふみ子  »  中城ふみ子の評伝(1)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 伝記や評伝とはいかなるものかを考えるとき、中城ふみ子の評伝が興味深い材料を提供してくれる。

  小川太郎『聞かせてよ愛の言葉を』
   (本阿弥書店、1995.8)

  佐方三千枝『中城ふみ子 そのいのちの歌』
   (短歌研究社、2010.4)

である。両者はともに実証主義的であるにも関わらず、互いにほとんど別人のような中城ふみ子像を描き出しているのである。

 例を挙げよう。ふみ子の死の翌年、母・きくゑが雑誌に寄せた800字ほどの手記がある(「富美子」、『辛夷』1955.8)。ふみ子の出生から死までを振り返った内容である。小川も佐方もこれを参考資料として用いている。ただし、焦点を当てる箇所がそれぞれ違っているのだ。小川は、次の箇所を引用する。

 幸福の内にお前は帯広小学校に入学、其の年に次女が出生して、お前への、愛が幾分減つた時、〝美智ちやん何故死なないの〟と云つて、家中驚かせた。其の頃から、独占欲が強かつた。(野江きくゑ)



 子供の発言ながら、「何故死なないの」はなかなか強烈だ。娘への愛に満ちた文章のなかで母がことさらにそれを記したのは、我が子の人柄をよく理解し、みとめていたからだろう。そして、小川がこの箇所を引いたのは、やはり「何故死なないの」に一個の個性をみとめたからだろう。

 一方、佐方はこの箇所には一切触れない。代わりに、同じ文章の別の箇所を紹介する。きくゑの原文と佐方の文章を並べてみよう。

 そして余り友達を欲しがらなかつた。先生から、今日は、今日はと、気を附けて見ても、矢張校庭の木蔭で一人、しよんぼり立つていると注意された事もあつた。(きくゑ)


 小学校へ入学したふみ子に、「友達も欲しがらず、木陰で一人しょんぼりしてゐることが多かつた」と言う教師の言葉を、母は記している。(佐方)



 こちらは内気で目立たない小学生という印象である。「何故死なないの」の発言とはまた別の一面だろう。小川の方は逆に、この箇所の引用を割愛する。

 母の手記はその両方を含むことで、ふみ子の人格を多面的に浮かび上がらせた。そもそも、人は多面的な生き物だ。だから、この母の手記はリアリティを強く感じさせる。小川や佐方による評伝は、それぞれの価値判断により、その手記を部分引用した。そのことで、それぞれの描き出すふみ子像が一面的になってしまったところがあると思われる。

(続く)
関連記事
NEXT Entry
中城ふみ子の評伝(2)
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930