最新の頁   »   短歌一般  »  安達洸介さんは何処?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 先々月の記事「『塔』2013年10月号を読む」で触れた安達洸介さんがどんな歌を作る人なのか知りたいと思い、『塔』11月号と12月号の隅から隅まで探した。が、歌が全然見当たらない。欠詠なら仕方がないが、もしも退会なら、安達さんの歌を私が読む機会は当分なくなってしまったわけで、残念だ。『塔』のような風通しのよさそうな集団の中にすら、ああいった異分子風の人の居場所がないとすれば、『塔』のためにも惜しい。

 私の知り合いによれば、あの座談会「結社にふたたび出会う」(『塔』10月号)でいちばん過激な発言は、澤村斉美さんの

 だっていま、永田さんの文学理念って言えます? (『塔』の会員は——引用者註)共有していないでしょう。



であるそうだ。確かに結社内の人間関係のなかで言いにくいことを言ったものだろうが、内容自体は、誰もが「そうだろう」と思っていたことに過ぎない。座談会のテーマを離れて、純粋に問題の重要性という点でいえば、河野裕子の評論「いのちを見つめる」を批判した安達さんの発言の方がはるかに重要だと思う。


関連記事
NEXT Entry
風の絵踏は
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
34
はじめまして
はじめまして。本人が書き込むのもどうかと思ったのですが安達です。

対談の内容に言及して下さってありがとうございました。ご推察の通り『塔』は対談の直後に退会しました。私の短歌については、『鬼灯ひとつ』(http://haiku575tanka57577.blogspot.jp/)という私が書いているブログの右メニューの「自作短歌まとめ」というカテゴリーにこれまで作った歌をすべて公開しています。読んで頂けたら幸いです。

36
ご本人からコメントをいただけてとてもうれしい、ありがとうごさいます! やはり塔は退会されたのですね。塔を毎号拝見しているので、残念。ブログ、これから早速お邪魔してみます。どうぞ活動を続けてください!

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031