最新の頁   »   短歌一般  »  阿木津英と荻原裕幸
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 荻原さんがツイッターで阿木津さんのことをつぶやいている、と知り合いが教えてくれた。私はスマホを持っておらず、ツイッターも利用していないので、パソコンのメールで画像を送ってもらった。


ogiwarakitsu-2.png

ogiwarakitsu-3.png

ogiwarakitsu-4.png


 その発言をしたのがほかならぬ阿木津さんであるということに衝撃を受ける。阿木津さんが男性歌人による「女性の会話体」を否定的に捉えていたということも、もちろん興味深い。しかし、それ以上に、「おかま」という語を揶揄的に使用していたということに、いろいろと考えてみなければならない問題がある。

 ただし、事実が荻原さんの証言のとおりだとしても、書いたものでなくシンポジウムでの発言であること、男装・女装や同性愛に対する一般的理解が二十数年前と現代とでは異なること、は考慮する必要があるだろう。

 人の名をあげて、その発言と思想を批判的に取り上げる際に「四半世紀前のとあるシンポ」などという曖昧な言い方はすべきでないと思う。批判する相手に対して非礼であるし、第三者がその証言の真偽を確認することも困難になる。

 荻原さんのツイートはすでにウェブ上で拡散しているらしい。私が知って、この記事を書いているくらいだから。

 荻原さんは早急に訂正のツイートをすべきだと思う。


(2013.12.20 記)


 送ってもらった画像を追加しました。(2013.12.21)

関連記事
NEXT Entry
安達洸介さんは何処?
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031