最新の頁   »   短歌一般  »  あふれば? 『ラツパと娘』の歌詞の不思議
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NHKの朝ドラを『エール』以来久しぶりに観ている。『エール』は古関裕而、『ブギウギ』は笠置シヅ子と服部良一が人物のモデルだが、自分は人並みに音楽が好きだし、それ以上に昭和戦前期の文化に関心がある。もう、楽しい!! もちろん、ドラマはすでに戦時に入っているので、これからただ楽しいだけではなくなるのだろうが……。『エール』のときは、ドラマの内容について内野光子さんと手紙やメールで議論した。内野さん、『ブギウギ』は観てますか!?

     §

 11月8日(水)放映の『ブギウギ』第28回で、いよいよ羽鳥善一(服部良一)のレッスンが始まった。歌は『ラツパと娘』。1940(昭和15)年1月にレコードが発売された作品である。恥ずかしながら、このジャズソングを初めて聴いたのだが、福来スズ子(笠置シヅ子)役の趣里が歌う歌詞で気になるところがあった。

トランペット ナラシテ
スイング ダシテ
アフレバ ステキニ
ユカイナ アマイ メロディ


 NHKプラスで何度も聴き直し、字幕まで確認した。確かに「アフレバ」と歌っている。でも……アフレバって?

 「溢れる」と「ば」なら、アフレレバ、になるはずだ。もっとも、ここだけ古文調でいわゆる未然形プラス「ば」の形だとすると、アフレバ、になる。しかし、直前に出てくるウタエバは未然形プラス「ば」の形になっていない(古典文法で言うと、已然形プラス「ば」)のだから、「溢れば」はやはり不自然だ。

 そこでやっと気が付いた。昭和15年の歌だから、譜面に書かれた歌詞の仮名遣いは旧仮名だ。旧仮名表記の「あふれば」はアオレバ、つまり「煽れば」になる。

 考えてみると、「トランペット鳴らして、スイング出して、溢れれば」では、末尾の「溢れれば」の意味が分からない。「トランペット鳴らして、スイング出して、(みんなを)煽れば」ならよく分かる。

 趣里さんも制作スタッフもきっと旧仮名表記の譜面を読み間違えたのだ、原曲の笠置シヅ子はアオゲバと歌っていたにちがいない……と当たりを付け、YouTubeで笠置シヅ子のオリジナルを聴いたのだが、驚いた。なんと笠置さんも、アフレバステキニ、と発音しているではないか。これは一体……。



 この『ラッパと娘』は作曲に加え、作詞も服部良一だ。オリジナルの録音には作詞者も当然立ち会ったと考えるべきだろう。服部はうっかり笠置の読み間違えを聞き漏らしたのか。あるいは、もしかして服部先生ご自身、アフレバのつもりで作詞したとでも言うのか。不可解!!

 ついでに、YouTubeの検索に引っ掛かった他の歌手のカバーも聴いてみた。天地総子も神野美伽も奥田民生も、アフレバ、である。誰も疑問に思わないのかな、と。ところが、なんとなんと一人だけいたのだ、アオレバと歌っている人が。どうぞお聴きあれ。



 松浦亜弥さんがすごいのか、スタッフさんがすごいのか、知らないがすごいな。字幕もしっかり「あおれば」になってるよ。アフレバを不審に思い、正解を求めてしばし考えを巡らした人がここに確かに存在したわけだ。敬意を表したい。


     §


 それにしても、バドジズデジドダ、とかいう歌詞、その旋律。思い切りシャウトしてて、ジャズというよりロックに近いボーカル。カッコいいな服部良一、カッコよすぎるぞ笠置シヅ子。これを聴いた後に奥田民生を聴くと、奥田さんがめっちゃソフトロックに聞こえるのが笑える。


(2023.11.9 記)


関連記事
NEXT Entry
『チメイタンカ』を楽しむ(1)
NEW Topics
短歌結社は#MeTooの告発にどう対処したか(3)
短歌結社は#MeTooの告発にどう対処したか(2)
短歌結社は#MeTooの告発にどう対処したか(1)
歳の初めに
真中朋久「安寧禁止」を読み、福田米三郎『掌と知識』のあれこれについて少考する
酒井佑子歌集『空よ』刊行
『チメイタンカ』を楽しむ(3)
『チメイタンカ』を楽しむ(2)
『チメイタンカ』を楽しむ(1)
あふれば? 『ラツパと娘』の歌詞の不思議
コメント
294
ご無沙汰してます。急に寒くなってきましたね。
この「あふれば」問題、ちょうどX(Twitter)でも国語辞典編纂者の飯間浩明さんが取り上げていました。「溢れば」も含めいろいろと検討した末に、

●「煽る」や「呷(あお)る」を旧仮名遣いどおり「あふる」と発音した例は少なくなく、『三省堂国語辞典』にも20年前まで「あふる(煽る)」の項目が。
●1960年の雑誌に「煽る」を関西では「あふる」と言う、と新聞記者が記しています。私には耳よりな情報です。「ラッパと娘」の作詞の服部良一も、歌の笠置シヅ子も、関西のことばになじみがあります。それでごく普通に「煽れば」の意味で「あふれば」を使った。このあたりが事実に近いかな?

と書いてました。発音の仕方はともかく、意味の上では「煽れば」で間違いなさそうです。

295
ですか!すごい
しばらくご無沙汰しました。ご教示感謝、感謝です。私はツイッターは全く見てないので、飯間さんがX?のアカウントを持っていることも知りませんでした。

新聞のコラムなどは楽しく拝見しており、飯間さん大好きです!アフレバの件もさすが言葉の専門家ですねえ。

 「あふる」と発音した例は少なくなく

というのは音声資料があるということですかね。何か資料を明示されていましたでしょうか。文字資料だとなかなかそこまで言い切れない気もするのですが。

 『三省堂国語辞典』にも20年前まで、、、

は興味深いのは確かですが、これが根拠になるのかなーと疑問です。すごいと思うのは、

  1960年の雑誌に「煽る」を、、、

ですね。これはすごくおもしろい!!よく、こんな資料を見つけてこられるものですね。国会図書館の全文検索で「煽る あふる」とかを検索語にすると引っかかったりするのでしょうか。とにかくおもしろい資料だと思います。母方の親族がみな大阪人なので、「煽るをあふるって言う?」とそのうちきいてみようかと思います。

296
追伸 飯間さんの発信と拙ブログ記事とは、どちらが先だったでしょうか? 飯間さんの方が先だと私の記事の意義がかなり薄くなってしまうのですが、、、

297
飯間さんの発信は11月10日~11日のものなので、中西さんの方が早いですね。音声資料についての言及はありません。
大阪大学大学院教授(国語学)の岡島昭浩さんが下記のようなコメントを寄せています。

「あふる」をアフルと発音することについては、四半世紀ほどまえに、飯間さんもいらした、ことば会議室で話題になったことがありました。この時は、体操における「あふり」でしたが。
http://kotobakai.seesaa.net/article/8174286.html#011027011407

298
岡島昭浩さんは、さらに以下のようなコメントもしていました。音声資料ではないですが、文字起こし資料です。

「煽る」を「あふる」と発音したらしい例をデジコレで探してみました。
https://dl.ndl.go.jp/pid/2226860/1/15
1964年の『月刊総評』83で、総評の太田会長が、現代仮名遣いで書かれている談話の中で、「あんまりあふったらおさまらん」「あふってあふって」と語っていました(p.29上)。


299
松村さん追加情報ありがとうございます!飯間さんより先でよかった笑 とりあえず記事削除はしなくて済むかと。「ことば会議室」は(いま携帯でみてるのてすが)ページが長すぎて目的の箇所が見つかりません、、、

国会図書館のデジコレは強力ですねえ。総評会長の発言も傍証になりそうです。今のところ飯間さんが見つけた資料が一番おもしろいかな。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829