最新の頁   »   短歌一般  »  花水木の道で愛を告げたのか(後)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 考えられる可能性はただ一つ。私たちが「ても」にいまだ辞書に採用されない意味を付与したということだ。その意味とは、順接の仮定条件の提示だ。例えば、「煮たり焼いたりしたら食える」という、何の芸もない成語もどき。「煮たり焼いたり」の仮定条件を受けて、あまりに当然の「食える」が来る。これが順接で、「たら」は順接の仮定条件を提示する役割を担っている。注意すべきは、このとき既定の事柄と仮定条件に対して予想される結果とが逆になることだ。元々は「食えない」のに対して、「煮たり焼いたりしたら」の予想は「食える」のだ。

 この「たら」と同じ意味を「ても」にも与えるというのだから、にわかには信じられない。しかし、そうとでも考えないと、私たちの言語感覚を説明することはできないだろう。「花水木の道があれより」長かったり短かったりしたら——順接で「愛を告げられなかった」。このとき、既定の事実は? そう、仮定条件に対して予想される結果とは逆の「愛を告げることができた」だ。花水木の道が愛を告白するのにちょうどよい長さだったから、「私」は肩を並べて歩く人に愛を告白できたのであり、その道がもう少し長かったり、もう少し短かったりしたら別の結末になっただろう、というわけだ。

 そして、もう一つ注意すべきこと。今のように考える場合、「ても」の意味は逆接と順接の二つから選択できることになる。個々の読者は自分が日頃どちらの意味に慣れ親しんでいるか、そのときどちらの意味を期待して読んでいるか等々の個人的事情に依拠して選択権を行使することも可能になる。掲出歌の解釈をめぐって、「愛を告白できた」と主張する人がいたり「いや、できなかった」と主張する人がいたりする原因である。


     §


 奇妙なことに、「ても」を繰り返す場合に限って、その「ても」は新しい意味で取っても違和感がない。つまり、「ても」を一度だけ使用する文では、その「ても」は新しい意味には取れない。「花水木の道があれより長くても愛を告げられなかった」という例文ならば、道の長さがどうであれ私は結局愛を告白できなかった、との解釈に反対する人はいないだろう。「ても」を繰り返す場合、「も」が並列を意味するように感じられ、逆接の意味が後退するのかもしれない。

 そして、「ても」を繰り返すようには「たら」や「なら」を繰り返すことはできない。「あれより長かったら短かったら」とは、日本語の話者は言わないのだ。どうしても言いたければ、「あれより長かったら、もしくはあれより短かったら」などと言うことになるが、どうもくだくだしい。「ても」の繰り返しの方が簡潔で、短歌定型に載せやすいことは明白だ。

 なお、「ても」を繰り返すとき、それを新しい意味と従来の意味のどちらで使用しているかを判断する根拠は、文脈以外に何かあるか。少し考えてみたが、よく分からない。例えば、「泣いても笑っても最後の勝負だ」はどういう結果になろうが最終決戦というわけで、従来の意味。西濃運輸の荷札の画像を貼ったツイートを見たが、これもおもしろい。

 必ず12/18〜12/21までに配達してください。早くても遅くてもだめ!!


と書いてあるのだが、新しい意味の「ても」だ。二者の間に表現上の違いはあるだろうか。もし何かあるのだとすると、読者が逆接か順接かを選んで解釈する自由は全然ないか、あるいはかなり狭まることになる。


     §


 新説のように解すべき歌であるなら、「愛を告げられなかった」でなく「愛は告げられなかった」であってほしい、という意味のことを寺井龍哉がツイートしていた。私も同様に感じるが、それはなぜだろうか。説明しようとすると、これも難しい。なお、この一首の場合は、「私は」を省略していると考えれば、「は」の疑問を回避できる。この疑問だけで新解釈を否定することはできないはずだ。


     §


 掲出歌の「ても」を通説が新しい意味で取っており、新説が従来の意味で取っているのは不思議だ。素朴に考えるなら、若い人こそ新しい意味で言葉を取り扱いそうなものだ。ところが、掲出歌の解釈ではそれが逆になっているという。そうであるなら、ここに現代やら若い世代やらの特徴を見ようとすることも一概に否定すべきでないという気がする。


(2020.1.14 記)

関連記事
NEXT Entry
鷲田清一「折々のことば」第1748回について
NEW Topics
鷲田清一「折々のことば」第1748回について
花水木の道で愛を告げたのか(後)
花水木の道で愛を告げたのか(前)
歳の終わりに
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
コメント
286
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031