最新の頁   »   葛原妙子  »  川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 これも笠間書院のコレクション日本歌人選の一冊で、葛原妙子研究の第一人者である川野里子さんの新著。例によって葛原の秀歌五十首を選び、鑑賞文を付けている。まだ前半を読んだだけだが、注目したところを忘れないうちに書き留めておこう。

アンデルセンのその薄ら氷(ひ)に似し童話抱きつつひと夜ねむりに落ちむとす

 (『橙黄』女人短歌会、1950年)


について、川野さんは次のように書く。

 初句、結句が大幅な字余りであるこの作品は、不安な印象を与える。さながら、アンデルセンの冷えの世界に滑り落ちてゆくようでもある。この不安と冷えの感覚こそは近代短歌にない、戦後を生きる感覚であった。(3頁)


 この一首の「不安と冷えの感覚」に戦後短歌の特徴を見出そうとしている。先行研究には無い主張で、興味深い。ただ、そういった感覚が近代短歌に見当たらないと指摘するためには、もう少しその現代性を説明する必要があると思う。

水かぎろひしづかに立てば依らむものこの世にひとつなしと知るべし

 (同)


については、

 葛原は疎開先の浅間山麓で終戦を迎えるが、敗戦の現実感のない山中にも陽炎は立ちのぼっていた。(略)自らも大地とともに気体となって頼りなく揺らぎながら、葛原は「依らむものこの世にひとつなしと知るべし」と自らに言い聞かせる。まさにこの時、頼りにし、信じてよいものなど何一つこの世にはないという確信に至るのである。(4〜5頁)


 この「水かぎろひ」を特に終戦時のイメージとして捉える解釈も従来無かったはずで、強く印象に残った。論証は困難だろう。ただ、自由な鑑賞にゆだねてよいところだとも思う。川野さんの鑑賞は魅力的で、これをいたずらに否定するのはつまらない。


(2019.8.6 記)


 うっかりしていたが、「水かぎろひ」の一首は『橙黄』では「停戦」というタイトルの付いた一連より前に置かれている。つまり、歌集中の設定では終戦前の歌なのだ。このあたり、川野さんはどう考えているのだろう。魅力のある鑑賞をなんとか生かしたい。


(2019.8.7 追記)

関連記事
NEXT Entry
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
NEW Topics
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930