最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  ニホンカジンか、ニッポンカジンか
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本はニホン? ニッポン? どちらでもかまわないでしょ?

 ただ、そう言えない場合もあるか。たとえば、(1)明確に読み方が決まっている場合。東京の日本橋はニホンバシで、大阪の日本橋はニッポンバシ。また、(2)特に決まってはいないのだろうが、明らかにどちらかでしか読まない場合。日本語はニッポンゴではないだろうし、日本海はニッポンカイではないだろう。あるいは、(3)一般にはどちらでも読まれるものの、本来の読み方が決まっている場合。日本銀行はニッポンギンコウでもニホンギンコウでもよさそうなものだが、紙幣には NIPPON GINKO とある。


     §


 『岩波現代短歌辞典』(岩波書店、1999年)は引用歌に

にび色の秘密色の丘の象形文字原始たそがれ永遠未来

  加藤克巳


があるのがありがたい。巻末の引用歌上句索引を見ると「日本」から始まる歌が七首あるが、「にび色」の前に並ぶものはニッポン、後に並ぶものはニホンと編者が訓じたことが分かるからだ。前者は三首。

日本脱出したし 皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係も

  塚本邦雄


日本の近代の裔(すゑ) 写実的前衛派なる病葉(わくらば)あはれ

  岡井隆


日本の民衆と大衆と犇きて追いかけあえる環状電車

  岸上大作


 岡井と岸上の歌の第一句はニホンノでは字足らずだから、ニッポンノと読むのが自然だ。塚本の一首は、ニホンダッシュツの方が初句七音で穏当な気がするが、そこをわざわざニッポンダッシュツと読むのは、何か根拠があるのだろう。ついで、後者の四首。

日本海の荒ぶる波の一生(ひとよ)とも肌すり生きてなおし雪の香

  坪野哲久


日本語は今も清しくあるらむと海渡り吾が帰り来にけり

  小暮政次


日本に住み、
日本の国のことばもて言ふは危ふし、
わが思ふ事。


  土岐善麿


日本列島山林構成は多く山毛欅帯なり冬されば樹幹しろじろ光る

  前田夕暮


 哲久の「日本海」と小暮の「日本語」は上記(2)の通りで、当然ニホン。夕暮の「日本列島」も同断か。善麿の歌は第二句をニホンノクニノと読むと音数が合うので、第一句もニホンニスミと読むべきなのだろう。


     §


 日本歌人クラブはニホンカジンクラブと呼ぶらしい。では、戦前の大日本歌人協会や商業誌『日本短歌』は? 前川佐美雄創刊の『日本歌人』は?

 『岩波現代短歌辞典』、および『現代短歌大事典』(三省堂、2000年)は、ともにダイニホンカジンキョウカイ、ニホンタンカ、ニホンカジンと訓じる。『現代短歌大事典』の日本歌人の項の執筆者は、1992年以来同誌の編集発行人を務める前川佐重郎。少なくとも90年代以降に同誌のタイトルがニホンカジンと呼ばれてきたことは間違いないだろう。

 注目したいのは、上の二冊の辞書より二十年余り古い角川『短歌』1978年9月臨時増刊号の「現代短歌辞典」である。こちらの本では、一部の読み方が異なっている。『日本短歌』が同じくニホンタンカである一方、大日本歌人協会はダイニッポンカジンキョウカイ、『日本歌人』はニッポンカジンなのだ。

 日本短歌の項の執筆者は、同誌の編集発行人だった木村捨録。同誌がニホンタンカと自称していたことは確実だろう。対して、大日本歌人協会と『日本歌人』はどうか。

 大日本歌人協会の項の執筆者は、同名の著書(短歌新聞社、1965年)を持つ冷水茂太。冷水は同書執筆に際し、同協会の中心人物だった土岐善麿に直接取材している。善麿がダイニッポンカジンキョウカイと呼んでいたことはほぼ確実だろう。

 日本歌人の項の執筆者は、同誌同人の宮崎智恵。これは当時の同人たちがニッポンカジンと自称していた証拠ではなかろうか。同誌については、さらに興味深い資料がある。次に引くのは、佐美雄が書いた同誌創刊号(1934年6月)の編集後記の一節。

 可笑な話だが最初はこれを「菊」にしようか「鷲」にしようかと迷つたものだが誰いふとなく「日本歌人」がよからうといふ事になり、つひに「ニツポンカジン」となつたのである。


 まず決定的な証拠だろう。つまり、同誌の自称は、創刊時はニッポンカジン。それは、その後も長らく変わらなかった。ところが、佐美雄から次代に編集発行人が交替する前後、いつの頃からか次第にニホンカジンが優勢になった、と考えてよさそうだ。


(2019.7.30 記)

関連記事
NEXT Entry
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
278
これは決定的な証拠ですね。
何の疑いもなく、創刊以来ずっと「二ホンカジン」だったのかと思っていました。こういう地道な調査・分析は面白いです。

279
松村さん、こんにちは。閲覧ありがとうございます。佐重郎さんは子どものころから「日本歌人」の名称を耳にしていたはずで、そこが気になるといえば気になるのですが、どうなんでしょうね。あと、事典の執筆をその項の関係者がすることについて、私は以前つまらなく感じていたのですが、今回認識を改めました。

287
メディアと「ニッポン」 ―国名呼称をめぐるメディア論― 奥野昌宏 中江桂子
お久しぶりです。随分前のブログだけど、これへ書き込んで中西さんに届くのかな?
「メディアと「ニッポン」 ―国名呼称をめぐるメディア論― 奥野昌宏 中江桂子」pdfに1934年に放送上国名をニッポンに統一することが決まり、その後文部省臨時国語調査会でも同じくことが決議されたが政府がそれを採用せず、新聞でも報道され話題になったとあります(1934年3月22、23日)が、そのことと同年創刊「日本歌人」の呼称とは関係ないでしょうか。この論文で昭和2年(1927年)帝国議会でも同じことが発議されたようです。当時「ニッポン」が流行語だったのではないでしょうか。

288
azzurroさん、ご教示ありがとうございます。この記事を書いたときには、時代背景にまで考えが及んでいませんでした。今回の情報、時期も近いですし、おもしろいと思います。少し調べてみたいと思います。

鍵付きコメントにどうご返事してよいか分からず、失礼しております。

289
はいその中西です。藤本さんには以前お世話になったことがあります。新著のことは存じませんでした。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930