最新の頁   »   短歌一般  »  すぐには信頼できない資料 その2
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 鼓直氏が亡くなったことを人づてに聞いたのは、4月4日のことだった。同じ日、御葬儀がとり行われたという。それから毎日、新聞の社会面を注意して見ていたが、訃報はなかなか出なかった。したがって、ウィキペディアの「鼓直」の項も、没年月日の記載が無いままだった。

 結局、訃報が新聞各紙に一斉に載ったのは29日になってからだ。なぜこの日だったのか、分からない。

 後で調べてみると、神戸市外国語大学のウェブサイトには、氏の死去を知らせる文章が15日付で掲載されていた。同大には氏の薫陶を受けた関係者がいるから、新聞報道より情報が早かったものと思われる。なお、ウィキペディアの編集履歴を確認したところ、26日に同大の情報を典拠として没年月日が追記されていた。

 さて、ここに不審なことが一つある。同大ウェブサイトも新聞各紙も一様に氏の亡くなった日付を「4月2日」としたことだ。私が伝え聞いている日付は「4月2日」ではない。それは御葬儀で喪主の御挨拶を直接聴いた方から私まで伝わってきた情報だから、まず間違いのないものだろう。

 そこで思うのは、新聞報道の正確性とはこの程度かもしれないということだ。しかしまた、こうも思う。世間がみとめる「事実」とは「4月2日」の方であって、過去の事柄の調査も、あるいは「4月2日」を発見した時点で完了するのではないか。


(2019.7.17 記)

関連記事
NEXT Entry
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
NEW Topics
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(7)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(6)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(5)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(4)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(3)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(2)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031