最新の頁   »   短歌一般  »  百人一首の故実読み
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 前の記事で『言海』を引用したが、この明治の辞書には一つ思い出がある。あるときのこと、『言海』の「百人一首」の項には

 一ノ字ヲ読マヌヲ例トス



と書いてある、と友人が教えてくれたのだ。この辞書の記述から、

  ヒャクニンシュ

という故実読みが少なくとも明治の途中までは一般的であったということが確認でき、おそらく正岡子規や与謝野晶子もそう発音していただろうということが推測できるわけだが、そもそもそのときの私は、百人一首がかつて「ヒャクニンシュ」と発音されていた、ということを知らなかった。だから、自分の知らないことがたくさんあるのだなあ、とただただ感心したのだった。

 その後、友人とは疎遠になった。『言海』の記述のことを、もしかしたら彼も何かの本を読んで知ったのかもしれない。だが、私にとっては、彼が教えてくれたこと。

 忘れがたい。


(2013.12.3)

関連記事
NEXT Entry
永田和宏『近代秀歌』覚書(3)
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930