最新の頁   »   アンソロジー  »  松村正直『戦争の歌』を読む(6)第一次上海事変、北原白秋その1
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

廟行鎮はきさらぎさむき薄月夜おどろしく三人(みたり)(は)ぜにたるはや

  北原白秋『白南風』(1934年)


 1932(昭和7)年の第一次上海事変のいわゆる「爆弾三勇士」を取り上げた一首。本書は三人の兵士の戦死が新聞報道等によって「たちまち軍国美談」にされたことに言及しつつ、

 掲出歌もそうした報道をもとに詠まれたものだろう。


とし、

 「三人爆ぜにたる」という直接的な表現には、軍国美談と同じく彼らの勇気を讃える心情が表れている。


と解している。著者のいう「よい歌」の条件——「その時々の作者の心情」をよく表現している——を備えているということになろうか。

 しかし、「軍国美談と同じく」云々ということは、報道に影響されて戦死を美化した歌と言い換えることもできるわけだ。今の私たちの常識に照らして、それを「よい歌」に認定することはなかなか難しい。結局、掲出歌もまた「歴史を知る」ための一首として本書に採られていると私は推測する。

 ところで、本書は各歌をおおむね初出順に排列しているが、白秋の一首より後にはその「よい歌」に認定しがたい歌が見えない。言うまでもなく、日米開戦以降にこそ戦争を賛美する歌はおびただしく作られた。本書はそれらを採ることはしないのだ。今日に至ってなお太平洋戦争は歴史として取り扱うには近すぎる過去であり、それに触れるのには一定の配慮を要するからだろう。


(2019.3.3 記)

関連記事
NEXT Entry
松村正直『戦争の歌』を読む(7)第一次上海事変、北原白秋その2
NEW Topics
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(7)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(6)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(5)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(4)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(3)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(2)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031