最新の頁   »   短歌一般  »  『ねむらない樹』vol.1を読んで(3)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2 東直子 VS 加藤治郎 

 加藤さんのなかではニューウェーブの歴史というのは、この4人の作品を考えるということですか。
加藤 はい、そうです。
 4人一人ひとりは違うのかなと思うんですが。
加藤 今の段階ではそうですけど、今後もっと議論すべきところですね。
 そうだと思います。穂村さんはどうですか。

 (『ねむらない樹』vol.1、80頁)


 この辺りは、当ブログの過去の記事に載せた私のメモと重複する箇所だが、比較してみるとそれぞれの言い回しが少しずつ違う。私のメモは当然、東や加藤の発言の一言一句を漏らさず拾えているわけではない。一方、『ねむらない樹』の記録の方もあちらこちらに細かな省略はあるようだ。座談会の記録とはそういうものだろう。

 加藤の「今の段階ではそうですけど」の「そう」は、文字で読み返してみると、その指示対象が何なのかが分かりにくいようだ。しかし、会場で聴いていたときにはそれほど分かりにくく感じなかった。「今の自分はニューウェーブ=四人と考えているが、今後も議論を続けるべきだ」といった意味なのだろう。

 なお、末尾の「穂村さんはどうですか」は司会の荻原の発言だった気がする。東がそこまで話の進行を取り仕切っていたわけではない。


 3 穂村弘 VS 東直子

穂村 冒頭にあったお話ではニューウェーブは同人誌「フォルテ」発で荻原さんが書かれた「現代短歌のニューウェーブ」経由という定義が先にあったんでしょう。そこにあげられた人たちが、偶然性に乗ってエスツープロジェクトをつくり、『岩波現代短歌辞典』に項目ができたという。だからこの質問はやっぱり、ニューウェーブの定義の問い直しってことだと思う。個別の人の価値評価に関しては、僕すごく一人ひとり論じているよね。
 そうですよね。
穂村 でもこれらをニューウェーブと呼びましょうと誰かが言っても、いままでの歴史的な経緯から見直さないと変になるんじゃない? ニューウェーブ世代を私は「わがまま」という言葉で捉え直そうとしたけど、それは一人ひとり信じているものが違いすぎて運動体ではありえない、という意味合いを持っていたと思う。

 (同頁)


 『ねむらない樹』の記録で、実際の発言と最も大きく違っているのはこの場面の穂村の言葉だろう。当ブログの記事に掲載済みの私のメモを再掲しておこう。

 穂村 ここで言っているニューウェーブって、先に荻原さんの新聞記事発の定義があったんでしょ? それで、そこに推された人たちが偶然性に乗って……。だから、その質問は何となくニューウェーブの定義返しみたいなところがあると思うんだけど。今名前が出た一人一人の女性の価値評価に関しては、僕、すごく論じてるよね。でも、じゃあそれをニューウェーブと呼びましょう、と僕らの間で言っても、今までの歴史的な経緯があるから、それは変になるんじゃないの?


 ここは、私のメモの方が実際の発言に近いはずだ。『ねむらない樹』の記録は、校正段階でかなり加筆されたのだろう。主な変更は四点。

(1)「荻原さんの新聞記事発の定義」→「同人誌「フォルテ」発で荻原さんが書かれた「現代短歌のニューウェーブ」経由という定義」

(2)「定義返し」→「定義の問い直し」

(3)「いままでの歴史的な経緯があるから、それは変になる」→「いままでの歴史的な経緯から見直さないと変になる」

(4)末尾「ニューウェーブ世代を私は」以下を追加。


 元々の発言の主旨は明確だった。つまり、荻原の記事がニューウェーブを定義した。それ以後、同時期の女性歌人はニューウェーブとは呼ばれてこなかった。だから、今になってそれら女性歌人をニューウェーブと呼ぶのも変だ——といったところで、ニューウェーブは荻原・加藤・西田・穂村の四人との説を肯定しているのだ。

 ところが、まず(1)記録に「フォルテ」の名を追加したことで、ニューウェーブの定義の根拠はいくらか曖昧になった。次に(2)「定義返し」は再定義の意で、東を「従来の定義を否定する者」、つまり従来の定義を肯定する自分にとっての論争相手と見なしていたのだが、「定義の問い直し」はせいぜい再定義の検討程度の意味だ。東との対立の度合いは弱まった。さらに(3)元々の発言は「歴史的な経緯があるから定義の変更は不可能」との意味だった。記録の方は「歴史的な経緯から見直すなら定義の変更も可能」との含意があるように思われる。

 (4)は「ニューウェーブの再定義は変になる」ということの論拠であるべきだが、それにしては飛躍がある。その飛躍を埋める作業は不可能ではなさそうだが、それをするのはひどく面倒に感じられる。なんだかよく分からない話にしてしまうのが真意ではないかと勘ぐりたくなる。

 いずれにせよ、ニューウェーブ四人説から穂村はひそかに離脱しようとしているのではないか。一方でニューウェーブの人数を増やして考える立場とも距離を置いている。自分の見解を巧妙にぼやかそうとしているように私には見える。


(2018.8.16 記)

関連記事
NEXT Entry
大井学「浜田到の百年」メモ
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930