最新の頁   »   短歌一般  »  島成郎:松村正直『高安国世の手紙』覚書
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 鈴木竹志氏の6月29日付のブログ記事「島成郎のこと」

島成郎の母親は、高安綾子という。
こう書けば、誰しも高安国世の縁戚ではないかと思うだろう。
実際に高安綾子は、国世の長姉である。
つまり、島は、高安国世の甥である。
このことは、
松村正直の『高安国世の手紙』にも書かれている。


とある。私は島成郎という人物のことをよく知らないが、短歌界隈では松村正直『高安国世の手紙』(六花書林、2013年)が初めて高安国世とこの島成郎との関連をきちんと指摘したのではないのか。

『高安国世の手紙』にも書かれている。


といった言い方(にも、って何さ!)は、研究の場でのプライオリティーを軽視しているように聞こえる。また、当該記事には

松村は島について、
「全学連の書記長」と書いているが、
私は、ひょっとして、
松村は、島がブント(共産主義者同盟)の指導者であったことを
知らないのではないかという気がしてきた。


との記述もある。しかし、『高安国世の手紙』の参考文献(405頁)に

島成郎記念文集刊行会編『ブント書記長 島成郎を読む』情況出版 二〇〇二


があり、その一節を本文でも引用している(315頁)のだから、松村さんは「島がブント(共産主義者同盟)の指導者であったこと」を知っていた、と見るのが自然だろう。鈴木氏はさらに、

私の説は、
高安は、甥の島がブントの指導者として、
安保闘争に中心にいることを当然承知していた。
だから、「塔」に高安にしては、
珍しい政治的な内容に関わる歌も文章も載せたのではないかというものだ。


とも書くが、「高安は、甥の島が」「安保闘争の中心にいることを当然承知していた」というのは松村さんがすでに推測していたところであるし、「だから」以下の思い付きは『高安国世の手紙』の論証の堅実さとは比べようもないと思う。


(2018.6.30 記)

関連記事
NEXT Entry
砂町四十町考(1)
NEW Topics
『歌壇』2018年12月号を読んで(2)
『歌壇』2018年12月号を読んで(1)
太田水穂書簡の読み方を訂正する
平岡直子の一首
『塔』澤辺元一追悼号について(6)
『塔』澤辺元一追悼号について(5)
『塔』澤辺元一追悼号について(4)
『塔』澤辺元一追悼号について(3)
『塔』澤辺元一追悼号について(2)
『塔』澤辺元一追悼号について(1)
コメント
263
島成郎がブントの指導者だったことは、もちろん知っています。学生時代に学生運動を少しかじったことがあって、その頃から島は伝説的な存在でした。「ブント」(共産主義者同盟」は政治団体なので、「全学連」(全日本学生自治会総連合)の方が公的な性格が強いかなと思って「全学連」の肩書きを書いたまでです。

僕は中西さんほどプライオリティーを厳密に考えてはいなくて、高安国世と島成郎が叔父と甥の関係にあることが広く世間に知られるならそれで良いと思っています。

高安と島の相互の影響については個人的にも興味を持っていて、『高安国世の手紙』を書いた時にかなり調べました。でも、残念ながら決定的な証拠は見つからなかったです。高安が島成郎や姉の島綾子に宛てた手紙などが出てくれば良かったのですが。

264
「ブントの指導者」云々は当然ご存知ですよね。鈴木氏は、そこはつい筆が滑ってしまったのでしょう。

松村さんの学生運動を「かじった」話はどこかにお書きになっていますか。初耳のような、どこかで読んだような。私は昔で言うノンポリで、団体名などよく分からず苦手です。

プライオリティーについては私も理系の人のように厳格に考えているわけでなく、「広く世間に知られるならそれで良い」に賛同したい気持ちもあるのですが、松村さんほどはまだ心が広くないのでしょうね。鈴木氏の文章の何かが癇に障りました。何だろう…。やはり「このことは、松村正直の『高安国世の手紙』にも書かれている。」の一文ですね。プライオリティーに無頓着なのでなく、本来その価値を認めている人が、この件に関しては「自分も知ってたけどね」といった言い方をしてプライオリティーを無効にしようとしている、という印象を受けました。何かこう、それがちょっと…困ったな、と。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031