最新の頁   »   短歌一般  »  『菱川善夫著作集』第四巻を読む(4)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
4 初出時の歌壇の状況


 単行本『現代短歌 美と思想』から再収の論文十一本のうち、六本の初出が1965(昭和40)年とその翌年だ。この時期の歌壇の状況がどんな具合であったかは、本文の端々からも窺い知ることができる。たとえば、「楯としての前衛歌集」に

 前衛短歌時代の終わりは何時か、と言えば、「短歌」の編集者が更迭になった、昭和三十九年のなかばごろまで、ということになるであろう。(98頁)


とある。また、65年初出の「ゆがめられた戦後短歌史」には

 前衛短歌退潮説は、いまや前衛短歌否定説にまで堕ちこんだ観がある。(159頁)


とある。65、66年頃、商業誌を中心に反前衛の動きが顕著になっていたということだろう。

 角川書店発行の専門誌『短歌』の編集長は63年12月以前が冨士田元彦、64年1月から6月までが神崎忠夫、7月以降が片山貞美、というように変遷した。「更迭」とは、直接的には神崎から片山への交替を指す。これを機に塚本邦雄や寺山修司ら、いわゆる前衛派が『短歌』に執筆する機会が減少した。当時、寺山は次のような発言を残している。

 歌壇では、この一年と言うものの「前衛狩り」が行われて来た。「前衛短歌は終った」と言うことばさえちらほら聞かれている。(略)今や『短歌』も『短歌研究』も、目次から前衛という活字をあっさりと消し去りつつあるというのが現状のようである。(「怪文書と歌壇の現状」、『図書新聞』1965年6月26日)


 「前衛短歌否定」の動きを寺山らしく「前衛狩り」という物語めいた物言いで表現したわけだ。65年版『短歌年鑑』(『短歌』増刊号、1964年12月)掲載の「短歌年表:昭和38年11月より昭和39年10月まで」には、

 総合雑誌「短歌」編集者交替、それに伴い「短歌」の編集方針が変わり、6月号より前衛短歌は同誌面からほとんど消え、それを機会に、前衛派の後退が云々されるに至った。


という注記が見える。『短歌』編集部の手になる年表だ。菱川の指摘(「編年戦後短歌史」昭和三十九年の項、『現代短歌 '78』1978年1月)の通り、前衛排除の編集方針をみずから明かしたことになる。商業誌が先頭に立って反前衛の運動を展開していたわけだ。そこには短歌論の対立があり、商業誌の誌面の争奪戦があり、商業の論理とナイーブな文学主義との衝突もまたあったのだが、今その詳細には立ち入らない。

 もともと誰の言葉だったか、菱川善夫を「前衛短歌の伴走者」などと呼ぶ。あるいは、「前衛短歌の理論的支柱」(篠弘、『日本文学』1991年7月)との位置付けもあった。次のような説明も同じ見方に沿ったものだ。

 この頃(1954年頃—引用者注)から歌壇にも新しい短歌活動が広がり、それが前衛短歌運動となる。菱川はその運動を強力に支え、理論的リーダーとして活躍。(三枝昂之、『現代短歌大事典』三省堂、2000年6月、菱川善夫の項)


 だが、どうだろう。前記の十一本中、「前衛短歌時代」の著作は「戦後短歌史論」の一本にとどまる。残りはすべて「前衛短歌時代の終わり」以後の執筆なのだ。それらはみな前衛否定への反論、および反論の基礎になる短歌史論の提示と見なすことができる。遅れて登場したと言ってはもちろん言い過ぎだが、「伴走者」という秀抜な名付けに対しては若干の解説が必要だ。

 そして、前衛擁護を前提とする文章は、その前提ゆえに、著者本来の主張よりもいくらか高く前衛を評価してはいなかったか。注意しておくべきだろう。


(2018.3.31 記)

関連記事
NEXT Entry
(シンポジウム)「短歌」はどういう「詩」か:玉城徹
NEW Topics
窪田空穂と会津八一(4)
窪田空穂と会津八一(3)
窪田空穂と会津八一(2)
窪田空穂と会津八一(1)
川野芽生「私達が聴かなかった声」メモ
染野太朗「異化について」メモ
瀬戸夏子「デザインの書」メモ
大井学「浜田到の百年」メモ
『ねむらない樹』vol.1を読んで(3)
北村早紀の高島裕批判について
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930