最新の頁   »   短歌一般  »  『現代短歌』2013年12月号を読む:中村三郎について
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 地下街の書店で現代短歌社の『現代短歌』を初めて見つけた。この夏創刊の月刊誌で、これは第4号。買ってみる気になったのは、新雑誌への興味ともう一つ、中村三郎という牧水系の歌人の小特集があったため。以前、斎藤史がこの中村三郎について書いているのを読んで、いずれ調べたいと思っていたのである。

 「九州の歌人たち」という連載企画の1回分として中村三郎を取り上げているようで、頁数はわずか6頁。しかし、内容は作品抄出、年譜、黒瀬珂瀾による作品解説、久保美洋子による伝記、牧水と一緒に写っている写真といった具合で、資料としての体裁を立派に整えている。私のような入門者にはたいへんありがたい。作品抄出と年譜の編者を明記してくれれば、もっとよかったが。

 作品抄出より。

生きもののなべて陽を吸ふうごめきの我身にもまたかそけく覚ゆ
  (1919年作)



 「陽を吸ふうごめき」といった肉体感覚的な把握、なべての生き物と我が身とのつながりの意識などに新鮮な詩心が感じられる。同時期に勢力を伸ばしていたアララギ流と比べれば、やはりどこか異質だ。


(2013.11.25 記)

関連記事
NEXT Entry
『現代短歌』2013年12月号を読む(2)横抱き・狐・イーゼル
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031