最新の頁   »   短歌一般  »  フェスティバル律と菱川善夫
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 雲嶋聆が『現代短歌新聞』70号(1月5日付)で

 一九六四年に東京で開催されたフェスティバル律では、詩劇や映像作品(短歌がモチーフ)が舞台で上演されており、塚本邦雄や寺山修司、菱川善夫らも出品している。(「短歌総合芸術論」)


と書き、花笠海月がTwitterで、

 菱川さんがスタッフクレジットされているのってないのでは?


とツイートしている(2月16日)ことについて知人から質問されたが、雲嶋が何の根拠もなしに菱川善夫の名を出せるわけがないと思う。その根拠が何か、私は知らないが、とりあえず菱川の自筆略年譜の1964年の項には、

 6月7日、東京草月会館でおこなわれた「フェスティバル律」に、特別参加作品として、スライド作品「叙事詩・稚内」を出品、上映する。(菱川善夫『美と思想:その軌跡』沖積舎、2004年)


とある。


(2018.2.24 記)

関連記事
NEXT Entry
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(2)
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930