最新の頁   »   短歌一般  »  太田水穂書簡への付記
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 『現代短歌』11月号掲載の拙稿「誰が桐谷侃三だったのか」で新資料として中河与一宛太田水穂書簡を引用したが、この書簡の文字の判読には正直、苦労した。ペン書きでほぼ型通りに崩していて、比較的読みやすい字ということになるのだろう。しかし、そもそも自分などには、字が崩してあったり変体仮名であったりする時点で何かの暗号にしか見えない。そこで、かなりの部分は文脈から推測して読んでいくことになる。最後まで迷って、今でも引っ掛かっているのは、

些かも不自然に無し、世人に必然観を与ふることゝ存じ


云々と読んだ箇所だ。


  ninashi.jpg(書簡原本の該当部分)


 字の形を見ると、私にはそうとしか読めないのだが、「に無し」という言い方はどうなのだろう。口語なら「不自然で無い」であるし、文語なら普通は「不自然に有らず」などと書きそうなところだ。「不自然に無し」という言い方もあり得るのだろうか。

 あるいは「に無し」と読んだことが誤りなのだろうか。


(2017.11.4 記)


関連記事
NEXT Entry
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(1)
NEW Topics
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その一
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その六
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その五
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その四
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その一
文語を識別する浅野基準について(3)
コメント
236
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930