最新の頁   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト穂村弘  »  「ゆひら」とさわぐ:穂村弘『シンジケート』鑑賞
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ

    穂村弘『シンジケート』(1990年)



 この一首は、歌集刊行直後からよく引かれていた記憶がある。穂村の「初期の代表作」(『世界中が夕焼け:穂村弘の短歌の秘密』新潮社、2012年、152頁)という山田航の評価は妥当だと思う。

 ただ、「現代の相聞歌でもっとも知られている歌の一つ」(同書同頁)とまで言うのは、大げさな気がしないでもない。教科書によく載っているのは「回れよ回れ」「七月四日は」。「もっとも」という言葉を、もっと大事に使ってほしい。


     §


 ……「雪のことかよ」だけが主体の言葉で、そこまでは女性の描写だってことが伝わらないんじゃないかという危惧があったんだけど、意外と伝わっている。なんか短歌って(略)なかなかそのへんの見通しがつかないんですよね。(穂村の発言、同書154頁)


 日本語の表現として、「私はさわぐ」とはあまり言わない気がする。だから、読者は間違えないのだと思う。


     §


 突拍子もないことを言う女性に出会ったことはあるが、妖精性なるものを持つ女性に出会ったことが一度もない、自分は。

 僕は女性のエキセントリシティというか妖精性みたいなものに対する執着が強いので(略)突拍子もないことを言う女性像というものを繰り返し歌っています。(穂村の発言、同書154頁)


 次のように発言する穂村は、フェミニストではない。

 そういう女性が突拍子もない世界のカギを持っていると考えていて、そして、そっちに真実があるという発想だから。僕には男性が構築した株式と法律と自動車とコンピュータの世界に対する違和感があるから。だから、女性がいつも自分を違うところに連れていってくれる、そして、そのカギになるのはエキセントリックな発言だ、ということです。(穂村の発言、同書同頁)


 たとえば株式とコンピュータの世界とは異なる世界がある、という考え方は私にも分かる。そちらの世界のカギを持っている人も、きっとどこかにはいると思う。ただし、その人は男だ。男でない可能性も大いにあるが。


     §


吐き飛ばすガムの標的 金曜の警官(ポリ)人形は勲章まみれ
  (『ドライ ドライ アイス』)


 『ドライ ドライ アイス』(1992年)では、自動車を運転する「私」が祝福されていた。自動車はまるで魔法の道具だった。「私」が幼児期の全能感を取り戻すには、自家用車が必要だった。いつから自動車の世界に違和感を?


     §


 『シンジケート』では、女はときに「私」の期待通りに行動し、ときにその期待を裏切る。たとえば、

「クローバーが摘まれるように眠りかけたときにどこかがピクッとしない?」


パレットの穴から出てる親指に触りたいのと風の岸辺で


は前者だが、

何ひとつ、何ひとつ学ばなかったおまえに遥かな象のシャワーを


「まだ好き?」とふいに尋ねる滑り台につもった雪の色をみつめて


は後者だ。「ゆひら」の一首を、穂村自身は前者と見なしている(前掲書、155頁)。それが正しいかどうか、私にはよく分からない。


     §


金曜日 キスの途中で眼を開けて「巣からこぼれた雛は飛べるの?」
  (『ドライ ドライ アイス』)


 『シンジケート』には他者がいた。続く『ドライ ドライ アイス』には、その他者がいない。「私」の期待を裏切る女はすでに去り、戻って来なかった。


(2017.8.21 記)

関連記事
NEW Topics
「ゆひら」とさわぐ:穂村弘『シンジケート』鑑賞
ブラックリストは存在したか(3)
ブラックリストは存在したか(2)
ブラックリストは存在したか(1)
中城ふみ子書誌の補遺
山田航ノヲト
乳房忌
『歌人クラブ』1953年1月号の記事
佐藤完一覚書
山田航「もはや抗えないもの」について(4)
コメント
233
お久しぶりです。
小玉朝子のことですが、五里霧中です。昭和9年『橄欖』で6月号まで歌や評論を毎月発表していて、6月号の数人による短歌合評を最後に忽然と同誌から姿を消します。翌年1月号の同人総数記載に名は載っていますが、それだけです。昭和9年5月号の短歌の詞書きで、父親が自分の目の黒いうちは朝子に自由にやらせてやれと言ったということを初めて知って、改めて感謝したということと、恒産無き身と自分のことを嘆いていて、金銭的に短歌を続けられなくなったのかとも推測されますが、本当のところは全然分かりません。『橄欖』昭和9年6月号に『日本歌人』創刊号の広告が載っていて、それに小玉朝子の名があるのですが、石原さんの目次には小玉のないのですよね。後、昭和10年5月4日立命館出版部発行『短歌年鑑』に小玉朝子の当時の住所が横浜市と出ていて、それが消息の最後です。どうすべきなのでしょうかね。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。