最新の頁   »   短歌一般  »  『歌人クラブ』1953年1月号の記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 『歌人クラブ』について、私は多くを知らない。短歌史関係の本に情報が載っていたという記憶もない。稀覯の資料といってよいものだろう。

 私はその21号(1953年1月25日付)だけ、見たことがある。タブロイド版の月刊紙で、紙名の下に「総合短歌紙」と銘打ってある。今の『現代短歌新聞』や『うた新聞』のようなものだろう。発行元は「歌人クラブ社」、編集兼印刷発行人は福田栄一である。

 2面に「歌壇でまでまさろん」という無署名の記事がある。当代の著名歌人について、三、四行の会話形式で作り話をする。漫才のように可笑しくて、しかもその歌人の本質らしきものを穿っている——と読者に思わせることができれば成功。マジメ一方の現代歌壇では、まずあり得ない内容である。

 ただ、これを楽しむには、歌人に関する知識が要る。当時の歌壇関係者には常識だったことをこちらは知らないので、どこでどう笑えばよいのか悩むことになる。

 前川佐美雄

「なかなか東京へ出て来ないね」
「あの男はお山の大将だからね」


 「前川佐美雄」がお題。これは分かりやすい。奈良住まいの話にかこつけ、佐美雄が早くから自分中心の歌誌を持っていたことについて悪口を言っている。

 近藤芳美

「更年期だつてナ」
「誰が?」
「近藤がよ。自分で宣伝してゐるのだから間違ひはなかろう」
「一種のエイタンだね」

  (いちいち注記をしないが、仮名遣いは原本通り。以下同)


 とくにおもしろいとも感じないが、意味はまあ分かる。

 葛原妙子

「みんな忘れるさうだね、区別を…」
「何の区別さ?」
「例へば、大内豊子が山口茂吉の妻君で、四賀光子が…、と、いうやうなことを、ね」
「何の話かね、何かの話だろ」


 これが分からない。何の話かね。


(2017.8.1 記)

関連記事
NEXT Entry
乳房忌
NEW Topics
窪田空穂と会津八一(4)
窪田空穂と会津八一(3)
窪田空穂と会津八一(2)
窪田空穂と会津八一(1)
川野芽生「私達が聴かなかった声」メモ
染野太朗「異化について」メモ
瀬戸夏子「デザインの書」メモ
大井学「浜田到の百年」メモ
『ねむらない樹』vol.1を読んで(3)
北村早紀の高島裕批判について
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930