最新の頁   »   短歌一般  »  小池光『石川啄木の百首』覚書(6)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

つくづくと手をながめつつ
おもひ出でぬ
キスが上手の女なりしが


 この歌について、小池は次のようにも述べている。

 わが手を見るともなく見ながら、ふっと別れた女を思い出す。この展開は唐突といえば唐突で、連想の飛躍が著しいが、言い換えるとそこには一種の速度感があり、現代的で、啄木の歌のあたらしさがまたあるだろう。(111頁)


 (3)に引いた評言よりもこちらの方が重要な指摘だと思う。「わが手」から「別れた女」への展開もまた、私は読み流していた。あらためて読み返すと、たしかに唐突だ。現代の絶え間ない刺激に慣れた身には、その「速度感」が「速度感」として感じられなくなっている、ということか。

 明治の読者の中には、「内容がメチャクチャ」「ついていけない」などと感じた人も、あるいはいたのかもしれない。「スピード時代」なる和製ジャズソングがトーキーの主題歌になるのはこの二十年後、昭和に入ってからである。


(2017.7.2 記)

関連記事
NEXT Entry
『現代短歌』2017年7月号:篠弘と吉川宏志の対話(1)
NEW Topics
窪田空穂と会津八一(4)
窪田空穂と会津八一(3)
窪田空穂と会津八一(2)
窪田空穂と会津八一(1)
川野芽生「私達が聴かなかった声」メモ
染野太朗「異化について」メモ
瀬戸夏子「デザインの書」メモ
大井学「浜田到の百年」メモ
『ねむらない樹』vol.1を読んで(3)
北村早紀の高島裕批判について
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930