最新の頁   »   短歌一般  »  小池光『石川啄木の百首』覚書(1)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 小池光のエッセーには気の利いた言葉がよく出てくる。

 年譜を調べると啄木は生涯に三度上京し、三度帰郷した。

  (『石川啄木の百首』ふらんす堂、2015年、63頁)


 著名な歌「汽車の窓/はるかに北にふるさとの山見え来れば/襟を正すも」を取り上げて、このように記す。ふーんと思いながら目を移すと、続く一文はこうだ。

 三度目の帰郷は、骨となって帰った。(同頁)


 襟を正す歌とは何の関係もないが、こう言われてみるとちょっとおもしろい。たった二つの短文なのに展開があり、オチがある。文芸だ。


(2017.6.24 記)


関連記事
NEXT Entry
小池光『石川啄木の百首』覚書(2)
NEW Topics
(シンポジウム)「短歌」はどういう「詩」か:玉城徹
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(4)
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(3)
高木佳子「時評:他方を見ること」について
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(2)
フェスティバル律と菱川善夫
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(1)
太田水穂書簡への付記
善光寺の落書
『現代短歌』10月14日発売
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930