最新の頁   »   塚本邦雄  »  塚本邦雄「暗き乳房」一首の覚書
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 戰爭のたびに砂鐵をしたたらす暗き乳房のために禱るも

   塚本邦雄『水葬物語』(1951年)



 この歌を菱川善夫は高く評価していた。『戦後短歌の光源:現代歌人論』(桜楓社、1974年)所収の「塚本邦雄秀歌十首鑑賞」は『緑色研究』以前の五歌集から二首ずつ選んでいるが、『水葬物語』の二首は、

革命歌作詞家に凭りかかられてすこしづつ液化してゆくピアノ


とこの歌である。

 では、菱川はこの歌の意味をどんなふうに取っていたのか。「塚本邦雄秀歌十首鑑賞」には、

 戦争は、いくたびか愛を無惨に奪い破壊していった。のこされた乳房のうちにこもる怨念と悲歎、絶望の深さは、乳房の中から人間の暖かさを奪い、非情な砂鉄をしたたらす。(略)現代史は、こうした数知れぬ乳房の歴史によって埋まっているともいえる。(『戦後短歌の光源』70頁)


とある。また、『塚本邦雄の生誕:水葬物語全講義』(菱川善夫著作集2、沖積社、2006年)には、

 ……ざらざらとした黒い砂鉄、それが乳房からしたたり落ちるというイメージは、痛切な悲しみの形象化として強い印象を与えます。砂鉄という暗喩は、子供を失った母の嘆きだけではなく、夫や恋人を失った女の存在そのものの悲しみを喚起します。(69頁)


とあり、

 おそらく今、現在のこの時点でも、砂鉄をしたたらす乳房は、地球上にすくなからず存在しているはずです。(同上)


ともある。「乳房」をそのまま女の乳房と捉え、「砂鉄」を比喩表現と解するわけである。

 今、菱川のこうした解釈を否定しようというわけではない。しかし、解釈の可能性ということを考えてみるなら、これの逆もあり得るのではなかろうか。つまり「砂鉄」をそのまま砂鉄と捉え、「乳房」の方を比喩表現と解するのである。この場合、女とその「乳房」は、地球だとか大地だとかを指している。

 大地は人のために鉄を産出し、人は刀身や銃砲、弾丸を製造する。その兵器や武器は人自身を傷付け、やがては大地をも破壊し始めることになる。

 それでも母なる大地は優しく、どこまでも人の願いを聞き入れる。母の子のみならず、母自身もまた罪深い。だから、その母のために——というのである。

 砂鉄をしたたらす乳房のイメージは、異様ながら美しい。どちらの解釈を選ぶにしても、その前にまず感じ取るものは一種の美しさだろう。


(2017.4.30 記)

関連記事
NEXT Entry
塚本邦雄覚書:五月祭の汗の青年
NEW Topics
島成郎:松村正直『高安国世の手紙』覚書
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その一
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その六
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その五
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その四
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その一
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031