最新の頁   »   短歌一般  »  吉川宏志「青蟬通信」をめぐって(追記)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 知人から電話をもらった。吉川さんは別のところですでに「筆は一本、箸は二本」の話を書いていて、そちらは店主みずからこの言葉の意味を説明したとの内容だった、という。

 いつ、どこに載った文章かがはっきりせず、知人の記憶違いの可能性もある。しかし、仮にその記憶が正しいとすると、店主の言葉の意味は「青蟬通信」が説明するとおりだったことになる。

 店主は緑雨の言葉を自由に解釈したということか。


(2017.4.20 記)

関連記事
NEXT Entry
吉川宏志「青蟬通信」をめぐって(追記その2)
NEW Topics
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(7)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(6)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(5)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(4)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(3)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(2)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031