最新の頁   »   葛原妙子  »  穴澤芳江『我が師、葛原妙子』について(1)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

 葛原妙子の第一歌集『橙黄』(1950年)の前半は作者自身の疎開体験に取材したもので、軽井沢にあった葛原家の別荘が主な舞台である。葛原の没後十数年経ったころか、その建物がいよいよ取り壊されるのでその前に、ということで某研究会のお姉さまたち(今や歌壇の大御所の方々ばかり!)にくっついて私も軽井沢まで出掛けて行った。目的地に着いてみると、古い木造家屋の前にほっそりと背の高い女性が立っていた。穴澤芳江さんだった。その日たまたま、穴澤さんも同じ目的でそこに来ていたのだった。

 お会いしたのはこの一度きりだが、穴澤さんはご縁のある人と私は勝手に決めている。このたび刊行された『我が師、葛原妙子』(角川文化振興財団、2017年)も早速購入し、うれしく拝読した。

 これまでに葛原妙子をテーマにした研究書の類としては、次のようなものがあった。

  塚本邦雄『百珠百華:葛原妙子の宇宙』(花曜社、1982年7月)
  稲葉京子『葛原妙子』(本阿弥書店、1992年4月)
  結城文『葛原妙子:歌への奔情』(ながらみ書房、1997年1月)
  寺尾登志子『われは燃えむよ:葛原妙子論』(ながらみ書房、2003年8月)
  川野里子『幻想の重量:葛原妙子の戦後短歌』(本阿弥書店、2009年6月)

 このうち、生前の葛原を直接知っているのは塚本と稲葉だが、この二人も葛原の私生活に日常的に立ち入るほどの親密な交流をしていたわけではない。穴澤さんは葛原の晩年、東京都大田区の葛原邸からほど近いところに住み、葛原に師事して頻繁にその住まいを訪れていた人である。『我が師、葛原妙子』は、穴澤さんが直に接した葛原の印象、葛原からの直話などをまとめたもので、葛原の伝記研究の資料として上記五冊とは異なる価値がある。


(2017.2.26 記)

関連記事
NEXT Entry
穴澤芳江『我が師、葛原妙子』について(2)
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
171
azzurroです。お久し振りです。1月投稿がないみたいですが、お忙しいのでしょうか。

172
azzurroさん、おひさしぶりです。多忙でもないのですが、3月は何となく更新無しで過ぎてしまいました。またぼちぼち書いていきます。

174
早崎 岡松 小玉
『白彩』『精神窓』『黄薔薇』等の例歌をネットで読めるようにしました。それで、それぞれの著者に略歴を付けたいと思ったのですが、どうして調べたらいいかわからなくなりました。早崎は加藤克巳のエッセイで戦後すぐに亡くなったことはわかりましたが、それまでのことがわかりません。岡松は戦後「次元短歌会」を作ったのはわかりましたが、次元短歌会は平成14年になくなったみたいです。小玉は昭和5年刊『昭和歌人名鑑』で静岡市出身であること、当時「橄欖」の準同人だったことはわかりましたが、それ以外は何もわかりません。彼らについて何か調べる方法はあるのでしょうか。もしご存じでしたらご教示願えないでしょうか。
また、蒲地侃の「エスプリ」「短歌作品」の作品を2雑誌いがいで参照する方法もないでしょうか。「骨」からと思われる3首は何回も引用されているみたいですが、それ以外の歌を参照する方法は。
お忙しいところ申し訳ないですが、宜しくお願いします。

175
昭和初期のモダニズム系歌人は研究が全然進んでいないので、履歴もなかなか分からないでしょうね。私ももちろん知りません。履歴を調べること自体が研究になると思いますので、むしろazzurroさんご自身の研究に期待します。

蒲地侃の「エスプリ」「短歌作品」掲載作品をそれ以外の本で参照する方法というのも難問で、それを知っているのは蒲地侃の研究者だけでしょうが、そういう研究者は存在しないので、これもむしろazzurroさんの研究に期待したいです。

176
そうなんですね。履歴に関しては、探ろうとしても今がぎりぎりあるいは、もう遅いかもしれない時期だと思っています。モダニズム短歌の代表的歌集とされているものは、その歌人の唯一の歌集である場合が多いんですね。早野臺氣や松本良三のように没後編まれた歌集は履歴がついているし、戦後も活躍された歌人は当然履歴もあるけど、それ以外は履歴を探そうとしても絶望的。あるいは、戦前前川佐美雄と並び称せられたらしい日比修平は、戦後は短歌活動はなかったみたいだけど、晩年戦前の歌を纏めて歌集を出して履歴を付けていたので、これは幸運でした。専門の研究者でなければ、なかなか前途多難という印象です。
ところで、蒲地侃や鈴木杏村は戦後創生短歌会から歌集を出していますが、『エスプリ』『短歌作品』の歌人達は『日本歌人』へ行ったグループと蒼生=創生へ行った(残った?)グループに別れたという理解でいいのでしょうか。蒲地侃に関しては、川口市のご子息らしき方か創生に一度問い合わせてみます。出身地の佐賀県武生市で歌を探すのは難しいでしょうし(佐賀高校の校史の文芸部の欄に名前はありましたが)。
いつも質問ばかりですみません。

177
蒲地侃『折りをりの歌』のあとがきを見ました。そこに短く歌歴があり、それによると戦前短歌をやっていたのは上京後の3、4年で、その後は集めていた歌集もすべて処分して一旦歌と訣別したようです。そして、読売新聞を定年する頃にまた始めたらしいのですが、戦前とは違い茂吉を研究して写実的な歌を書いて、『竹の花』『折りをりの歌』の2冊の歌集を出版しています。
『昭和歌人名鑑』と合わせると、蒲地侃(かまち ただし)明治39年6月17日~昭和45年1月24日 佐賀県武生市出身 東京大学法学部卒 読売新聞社勤務。戦前は香蘭 戦後は創生。『折りをりの歌』の出版年に亡くなっています。戦前の短歌活動は、実質的に『エスプリ』『短歌作品』初期、『香蘭』だけだったかもしれませんね。
『短歌作品』、立命館大学に問い合わせをしたら、大学等の研究機関に属している人の紹介がないと閲覧も不可ということで挫折してしまいました。

178
蒲地侃の履歴、これだけでも有意義な報告だと思います。ご遺族の協力が得られれば、さらに詳しいことがわかるでしょう。追加情報を楽しみにお待ちしております。

 『エスプリ』の歌人のその後ですが、石川が前川と行動をともにし、筏井・蒲池・鈴木はそれぞれの道を進んだ、という程度の認識しか私にはなく、「創生」については知識がありません。二つに分かれたというのはちょっとちがう気もします。

戦前に日比修平が前川佐美雄と「並び称せられた」というのは、だれの証言でしょうか。それが本当だとしても、昭和一桁のほんの一時期でしょう。

181
訂正
蒲地侃について。「武生」→「武雄市」、「上京後3、4年」→「上京後2、3年」でした。「創生」と「日本歌人」にグループが別れた云々は、『折りをりの歌』を見る前の仮説でした。その本を見たあとは、和爾猫さんと同じ見解です。
「前川佐美雄と日比修平が並び称された」云々は、他にも見たような気もするのですが、まず『新短歌の歴史』で確認しました。それと、塚本さんが『残花遺珠』で前川の『植物祭』の歌より日比の歌の方が「正直言って好きだった」と書いていることも影響しているかもしれません(以前『日本歌人』を総合詩歌誌と私が見なしていたのも、塚本さんがそういう書き方をしているのを読んだせいです)。前川と日比の平称の実際は、和爾猫さんのいう通りかもしれません。どう確認していいのかわからないので。
小玉朝子は『昭和歌人名鑑』(昭和5年刊)の現住所が「東京市外青山参道アパートメント9号館109」となっているのですが、これは日本最初のアパート青山表参道アパートのようで社会階層が上の人しか入れないらしいので、出身地静岡市鷹匠町の当時の小玉姓の人を探してもらいました。でも、鷹匠町に小玉姓の人は居住していなかったという報告をもらいました。もっと詳しく調べてみないとわかりませんが、小玉朝子というのは既婚後の名かペンネームの可能性ありです。昔の薄い伝で村木道彦さんにも聞いてみようかとも思っています(確か浜松市在住)。
岡松雄に関しては、戦前小笠原文夫とともに冨山房に務めていたことはわかったのですが、それ以外は何もわかりません。「次元」に連絡を取ったのですが、10年ほど前に代表者が亡くなって跡形もない状態でした。
早崎夏衛に関しては、加藤克巳の弟子の歌人の方に問い合わせたところ、ご本人はご存知ないけど調べて戴けるということでした。いろいろな本のあとがき等で痕跡をたどるということらしいので、結果は難しいかも。
10年遅かったという印象です。
以上です。

184
小玉朝子の略歴をどこかで読んだ気がするのですが、思い出せません。見付けたら報告します。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031