最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  永田和宏『現代秀歌』第五刷
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 職場のテーブルの上に岩波新書の永田和宏『現代秀歌』があったので「おおッ」と思い、何気なく手に取ってパラパラ頁をめくっていたら、第一刷(2014年)で前川佐美雄の一首、

ひじやうなる白痴の我は自転車屋にかうもり傘を修繕にやる


を引いていたのが、この本(第五刷、2016年)では一字異同があり、「白痴の僕」になっている、ということを発見した。ざっと見たところでは、そう改めた理由はとくに記していない。第一刷の「白痴の我」は以前の記事で取り上げたとおりで、誤写というわけではないのだが、増刷の際になぜそれを改めたのだろうか。


(2017.2.4 記)

関連記事
NEXT Entry
臨時の恋人がすき:穂村弘『シンジケート』鑑賞
NEW Topics
鷲田清一「折々のことば」第1748回について
花水木の道で愛を告げたのか(後)
花水木の道で愛を告げたのか(前)
歳の終わりに
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031