最新の頁   »   短歌一般  »  松村正直『樺太を訪れた歌人たち』覚書(4)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 本書の目的のために不可欠で、しかも一番困難な段は巻頭の「北見志保子とオタスの杜」だと思う。考察が近代の日本と樺太の根源的な部分へ接近しようとしているからだ。

 北見志保子は1940(昭和15)年、婦人之家社主催の銃後文化講演のために樺太に渡り、オタスを訪れた。本書の記述を引くと、オタスとは「アイヌを除く樺太先住民の指定居住区」で、もともと狩猟等を生業として移動式天幕を住居としていた彼らを「定住させ農業や漁業に従事させるというものであった」。

 「樺太庁の保護」「安らかな生活」と言えば聞こえは良いが、その内実は開発により生活の場を失った彼らを一か所に集め、日本人へ同化させることを目的としたものであった。(21頁)


 しかも、彼らには日本国籍が与えられなかったという。領土拡張と国民/非国民の差別が樺太史の急所であることを本書の著者は当然よく知っている。この段が巻頭にあるのもそれゆえかと思われる。

 オタスに取材した作品を現代の研究者が論じることは、簡単ではないだろう。当時の人々と現代のわれわれとでは、しばしば自由やデモクラシー、人権、戦争等に対する理解の仕方が異なっているからだ。本書に引かれている北見の歌文を見ると、「差別的現状への無理解が見受けられる」の一言で済んでしまいそうなところが少なからずある。否定的な結論が初めから見えていては、わざわざ考察する意義を見出しにくい。

 本書の著者も早速この問題に突き当たっている。北見の随筆集『国境まで』(1941年)がオタスの「教育所」の教員川村ナヲについて、

 この婦人によつて(先住民の児童たちは—和爾猫註)日本の皇室の尊さを教へられて君が代を歌ひ、日本国の有難さを知つて日本軍人になることを生涯の希望とする思想のもとに成長してゆく。世の中にはこんな尊い仕事をする人もある。(『樺太を訪れた歌人たち』から孫引き。以下同)


と記したのに対し、著者は「ここには人種差別や偏見、皇国史観などが色濃く表れている」、「志保子が国家主義的な政策の片棒を担いでしまったことは間違いない」(26頁)と指摘するしかない。

 樺太を訪れた歌人たちを研究テーマにしておいてオタス関連の作品を取り上げないのは不自然だが、安易に取り上げれば結論は予想の範囲内の否定的結論にとどまる。ここをどう突破すればよいのか。

 差し当たり、二つのやり方を考えることができるだろう。一つは、「人種差別や偏見、皇国史観」を指摘した上で、その他の部分を肯定的に評価すること。もう一つは、「人種差別や偏見、皇国史観」とその表れ方を一層細かく分析し、予想の範囲の外に結論を出すこと。

 本書の著者は、このこともよく理解している。まず「志保子が国家主義的な政策の片棒を担いでしまったこと」の指摘に続けて、次のように述べる。

 しかし、それをもって昭和十五年当時の志保子の思いまで否定する必要はないだろう。彼女は一生懸命に日本語を学ぶ先住民の子の行末を心配し、そこで暮らす日本人女性(川村ナヲ)の姿に、この時、同性の一人として感動し、胸を熱くしたのである。その気持ちに偽りはない。(26頁)


 善意ほどたちが悪いと見る人もいるかもしれない。それはそれとして、この引用文のように北見の善意を肯定するのは、一つ目のやり方だろう。

 著者はまた、

オロッコの児いだけば母親も笑がほせりこころ通はすこの天(あめ)がしたに


といった歌や『国境まで』の一節、

 私は思はず手を出すと母親は素直に見も知らぬ私に渡した。赤ん坊も私の胸にしがみ付いて眺めてゐる。私は「とても可愛いでせう」と表に立つてゐる人たちに見せた。


を引いて、

 赤子を「素直に」渡したというのは志保子の見方であって、先住民からすればそこには見えない強制力が働いていたに違いない。(28頁)


と記す。一見人類愛が発露しているように見える歌文に、むしろ差別的現状への無理解を見るわけである。これなどは、二つ目のやり方だろう。著者はさらに、先住民の子を抱く昭和天皇の皇太子時代の写真に言及し、「恩情を示すパフォーマンス」としての共通性を指摘して、

 いずれも本心と言えば本心であるし、知らず知らずに仕向けられた動作であったと捉えることもできるかもしれない。(28頁)


とも述べている。北見の行為のうちに、北見の個人的な心情とは別に、差別的な権力関係の強化に加担する一つの型をみとめるのである。より深い考察の試みで、興味深い。「北見志保子とオタスの杜」の段は困難な課題に果敢に取り組んで、今後の研究につながる基礎を作ったと私は思う。

 なお、本書の別の段「生田花世と木材パルプ」に、

 男性が強力に推し進める戦争に反対するのではなく、男性以上に積極的に参加することによって、花世は女性の立場を確かなものにしようとした……。(103頁)


という重要な指摘がある。川村ナヲに対する北見の共感について、著者は女性解放運動の流れと関連付けて論じてはいないが、あるいはその方向で論じる余地があるかもしれないと私は思った。ちなみに、同じ銃後文化講演の講演者として、北見志保子と生田花世は一緒に樺太を訪れたのであった。


(2017.1.30 記)

関連記事
NEXT Entry
『短歌のピーナツ』第42回について
NEW Topics
ナツカシの意味:石川啄木『一握の砂』(1)
ナツカシの意味:明治末年から大正にかけて(2)
ナツカシの意味:明治末年から大正にかけて(1)
塚本邦雄覚書:五月祭の汗の青年
塚本邦雄「暗き乳房」一首の覚書
辰巳泰子「乳ふさ」一首の覚書
吉川宏志「青蟬通信」をめぐって(追記その2)
吉川宏志「青蟬通信」をめぐって(追記)
吉川宏志「青蟬通信」をめぐって
穴澤芳江『我が師、葛原妙子』について(5)
コメント
166
丁寧にお読みいただき、ありがとうございます。
「北見志保子とオタスの杜」は『樺太を訪れた歌人たち』の中で一番苦労した部分かもしれません。それとともに、自分なりの手応えを得て、樺太について書く際のスタンスみたいなものが定まったように思います。


167
『樺太を訪れた歌人たち』、第二刷が出たそうですね。
良書がきちんと買われ、読まれているのはすばらしい!
私の覚書、もう1、2回書くつもりです。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031