最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  「とこイットだね」の「とこ」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「とこイットだね」の作詞はサトウハチロー。「イットだね」は「色っぽいね」というほどの意味だろうが、では「とこ」は? 毛利眞人『ニッポン エロ・グロ・ナンセンス』もこれについては何も言及していない。


     §


 YouTubeで聴くことのできる二村定一の歌声をほぼ全て聴き終えた。なるほど、優れた歌い手だ。素人の自分が聞いても、そう感じる。しかも不思議な個性を常に発散させている。

 なかで「ヅボン二本」(コロンビア)は、その個性がいくらか抑え気味な分聴きやすい。
https://youtu.be/E5YWIllxo30



 「エアガール」(タイヘイ)も比較的クセのない歌い方で、好きだ。YouTubeでは次の動画の7分31秒から後に入っている。
https://youtu.be/BQQA4Qjht64




(2017.1.6 記)
関連記事
NEXT Entry
松村正直『樺太を訪れた歌人たち』覚書(3)
NEW Topics
窪田空穂と会津八一(4)
窪田空穂と会津八一(3)
窪田空穂と会津八一(2)
窪田空穂と会津八一(1)
川野芽生「私達が聴かなかった声」メモ
染野太朗「異化について」メモ
瀬戸夏子「デザインの書」メモ
大井学「浜田到の百年」メモ
『ねむらない樹』vol.1を読んで(3)
北村早紀の高島裕批判について
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930