最新の頁   »   短歌一般  »  熟読したことのある歌集
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。


     §


 年の始めにちょっと思い付いて、これまでに自分が読み耽ったことのある歌集を数えてみて、その少なさに驚く。

  ・会津八一『南京新唱』
  ・葛原妙子『橙黄』
  ・葛原妙子『原牛』
  ・俵万智『サラダ記念日』
  ・穂村弘『シンジケート』

 この五冊だけだ。一冊の歌集の隅から隅まで、一字一句それこそ舐め尽くすように読んだ——と自信を持って言えるのは、何度思い返してもこれ以外に無い。自分では一応短歌の愛好者のつもりでいるのだが、結局この文芸の端の端のほんのわずかを楽しむだけで終わりそうだ。


(2017.1.3 記)

関連記事
NEXT Entry
二村定一という不思議
NEW Topics
短歌結社は#MeTooの告発にどう対処したか(3)
短歌結社は#MeTooの告発にどう対処したか(2)
短歌結社は#MeTooの告発にどう対処したか(1)
歳の初めに
真中朋久「安寧禁止」を読み、福田米三郎『掌と知識』のあれこれについて少考する
酒井佑子歌集『空よ』刊行
『チメイタンカ』を楽しむ(3)
『チメイタンカ』を楽しむ(2)
『チメイタンカ』を楽しむ(1)
あふれば? 『ラツパと娘』の歌詞の不思議
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829