最新の頁   »   ご挨拶  »  歳の終わりに
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今年もあまりご報告できる成果がありませんでしたが、ただ一つよかったのは昨年より当ブログの更新回数が若干増えたこと、大休止がなかったことです。昨年の大晦日に「来年したい」ことに挙げた斎藤史・宮柊二・永井陽子・笹原常与……結局どれも手付かずで、ここ数年同様の状態が続いているので、さすがにまずい気がしています。このままだと何もしないまま年だけ取りそうで。

 ま……気を取り直して、新しい年を迎えることにいたします。

 皆様もよいお年を!


(2016.12.31 記)


関連記事
NEXT Entry
熟読したことのある歌集
NEW Topics
(シンポジウム)「短歌」はどういう「詩」か:玉城徹
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(4)
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(3)
高木佳子「時評:他方を見ること」について
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(2)
フェスティバル律と菱川善夫
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(1)
太田水穂書簡への付記
善光寺の落書
『現代短歌』10月14日発売
コメント
145
一年間楽しく読ませていただきました。
来年も楽しみにしております。

147
新年おめでとうございます。
いつもありがとうございます!
過褒で恐縮です。
さきほど現代短歌新聞の講演記録(佐太郎について)を拝読、
分かりやすくておもしろかったです。
今年も引き続きよろしくお願いいたします。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930