最新の頁   »   葛原妙子  »  葛原妙子と馬場あき子
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

 『原牛』が出たとき、その評判の高さを聞いて、普通だったら買うじゃない。それなのに、「私にも一冊ください」って葛原さんに手紙を書いたの。そうしたら、ちゃんと葛原さんが名前を入れて送ってくださったの。でも、そのとき三十歳だった私にはこれを読みこなす力がおそらくなかったんだと思う。



 尾崎左永子・安永蕗子との鼎談「葛原妙子の超感覚の世界」(『短歌』1992.9)における馬場あき子の言葉。

 読みたい本は買って読むのがよいと思う。一方で、葛原の示した古き良き礼節が慕わしい。


関連記事
NEXT Entry
白桃の歌について(1):「白桃のゆたけきを」の語順
NEW Topics
花水木の道で愛を告げたのか(後)
花水木の道で愛を告げたのか(前)
歳の終わりに
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829