最新の頁   »   柴生田稔  »  柴生田稔『春山』初版本の自主規制(2)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 では、第一の問いについて。

今夜(こよひ)なほくちびるふれし記憶さへこころに痛しまなこ冴えつつ


 この歌を初版本から外したのは、猥褻と見なされることを恐れたのだろう。歌の言葉から「くちびるふれし記憶」の具体的な事情を推定することは難しいが、いずれにしても一首のモチーフが青年期の心の痛みにあることは明らかである。これが風俗壊乱との理由で非難されるとしたら、いかにも単純で味気ない国だと思わざるを得ない。

 この歌以外の六首の収録見合わせは、みな危険思想と解されることを避けたものと考えられる。

借金に苦しむわが村に日露役記念碑は督促されてこのごろ建ちぬ

日本刀をサーベルに仕込みて下げたりと何にことごとしく人は語るか


 この二首は、改版本で「今日」と題する一連の一首目と三首目。関連する箇所まで含め、初版本の本文と比較してみよう。

  a 初版本

   手記
コルセツトしてをりと思ふおのづから鋪道の角を今まがりつつ
この夕べ二人
(ふたり)あゆめば言ふことのただ素直なるをとめなりけり
明日
(あす)にせまる仕事と思へばいらだたし彼女はいまは誰とか居らむ
年老いて時におもねる文章は今日もひきつづきて夕刊に出づ


  b 改版本

   手記
コルセツトしてをりと思ふおのづから鋪道の角を今まがりつつ
この夕べ二人
(ふたり)あゆめば言ふことのただ素直なるをとめなりけり
明日
(あす)にせまる仕事と思へばいらだたし彼女はいまは誰とか居らむ

   今日
借金に苦しむわが村に日露役記念碑は督促されてこのごろ建ちぬ
年老いて時におもねる文章は今日もひきつづきて夕刊に出づ
日本刀をサーベルに仕込みて下げたりと何にことごとしく人は語るか


 どの歌も初出は同じ、『アララギ』1932(昭和7)年12月号である。初版本はそこから四首を採って「手記」というタイトルで括った。改版本はさらに二首を追加し、内容の関連性によって「手記」三首と「今日」三首に分けたものである。

 「借金に苦しむわが村」は、中学時代から家族とともに住んでいた東京府の旧目黒村か。記念碑建立への反感は、歌の言葉に明瞭に表れている。『春山』の同傾向の歌のなかでも表現の省略や迂回が少なく、理解しやすい一首といえる。ただ、その分だけ反戦や反軍の思想を指弾される可能性も高かったはずだ。それが初版本未収録の理由だろう。

 「年老いて」の歌は、前の歌に比べると分かりにくい。誰が年老い、どのように時流におもねる言辞を弄しているのか。具体的な情報は慎重に排除されている。下句は、情報としてはほぼ無内容。一人の年配の評論家とその著作を批判しているらしいが、検閲官がその批判の対象を特定できないようになっている。それで、この歌は初版本に残ったのだろう。

 「日本刀をサーベルに」の歌もまた、分かりにくい。歌意は、「より実戦向きにすべく日本刀をサーベルに仕込んで下げていた、と人は何のために大仰に語るのか」。前の「時におもねる文章」と関連する内容と思われる。語る人への批判的な態度も同様である。ただ、それにしても誰がどのような状況でサーベルを下げていたのか。やはり、具体的な情報に乏しいのである。

 では、初版本に前の歌が採られ、この歌が採られなかった理由は何か。この歌には一点、前の歌と異なる要素がある。日本刀を仕込んだサーベルから容易に軍人への連想が生まれることだ。反軍の思想を読み取られる恐れのあることが初版本未収録の理由であったにちがいない。


(2016.9.29 記)

関連記事
NEXT Entry
柴生田稔『春山』初版本の自主規制(3)
NEW Topics
平岡直子の一首
『塔』澤辺元一追悼号について(6)
『塔』澤辺元一追悼号について(5)
『塔』澤辺元一追悼号について(4)
『塔』澤辺元一追悼号について(3)
『塔』澤辺元一追悼号について(2)
『塔』澤辺元一追悼号について(1)
窪田空穂と会津八一(6)孤雲還
窪田空穂と会津八一(5)
窪田空穂と会津八一(4)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930