最新の頁   »   短歌一般  »  有吉佐和子『悪女について』メモ その二
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 富小路公子と出会った夜のことを旧華族の女、烏丸瑤子が語る一節。

 あの子が立って、恥しそうに一礼して、私にも気まり悪そうに会釈して坐った。私は綾小路さんじゃないのが分って、富小路というのは、聞いたことないな、そういう苗字って昔からあったのかしらんと思ってね。ちょっと考えこんじゃったのよ。(新潮文庫六十刷、258頁)


 その後の二人の会話。

「私、綾小路さんのお嬢さんかと思ってたのよ。富小路って、変な苗字だね。京都の町みたいじゃないさ」
「本名は富本なんですけれど、平凡ですから、富小路と名乗ってますの。これだとすぐ名前を覚えて頂けますから。まず名を覚えて頂くのが大事なことでございましょう?」(同、258頁)


 また、瑤子の母の発言。

「……でもね、富小路という苗字は、明治以前には確かに公家にあった筈よ。昔の地図で見たことがあるわ。有栖川さんの御殿のすぐ傍に屋敷があったようよ」(同、263頁)


 富小路は一見華族風ながら、華族にない苗字だという。しかし、小説の外部の事実は(つまり、実際は)そうではない。終戦後まで富小路子爵が貴族院議員を務めていたし、著名歌人の富小路禎子はその家の娘だった。

 『悪女について』はもちろんフィクションだが、それにしても奇妙だ。有吉はどこでどう間違えたのだろうか。


(2016.9.5 記)

関連記事
NEXT Entry
ヲサノムスメ
NEW Topics
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(7)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(6)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(5)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(4)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(3)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(2)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031