最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  前川佐美雄『植物祭』の一首
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 なにゆゑに室(へや)は四角でならぬかときちがひのやうに室を見まはす

   前川佐美雄『植物祭』(1930)



 この歌の上句は「なぜ部屋の形は四角でなければならないのか……」という意味だと思っていたが、よく考えてみるとそうは読めないようだ。「四角でならぬ」は難解すぎる。

 高野公彦編『現代の短歌』(講談社学術文庫)にこの歌が入っているが、高野さんはどう解釈しているのだろう。


(2013.11.14 記)

関連記事
NEXT Entry
四角でならぬ:日本語ノート
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
7
何の疑問も持たず「四角でなくてはならぬか」という意味に読んでいましたが、確かによく考えると、言葉の上ではそうではないですね。この歌は有名ですが、これまで誰も指摘していなかったことのように思います。

8
 私の書いたとおりで、大丈夫ですよね? アンソロジーでわりによく見る歌なので、皆さんどんなふうに読んでいるのだろう、ひょっとして自分がえらい勘違いしているのか……などといろいろ考えましたが、松村さんのコメントをいただいてホッと一安心です。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031