最新の頁   »   短歌一般  »  尾山篤二郎の話
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 三省堂版『現代短歌大事典』の尾山篤二郎の項を見たら、

 六三年、横浜市金沢区に七五歳の生涯を閉じた。


とあり、その地名に思い出すことがあった。

 私の恩師は東京の人だが、大空襲の後、北条氏ゆかりの金沢文庫の近所に転居した。同じ町内に学者や文人が何人か住んでいて、戦後しばらく、一番若かった師の家に定期的に集まり、互いに関心のあるテーマについて語り合ったという。尾山はひとり杖をついてやって来て、会が終わると、またひとり杖をついて帰って行ったそうだ。

 どんなことを、どんな調子で尾山が話したのか。師が亡くなる前に聞いておけばよかった。


(2016.9.1 記)
関連記事
NEXT Entry
有吉佐和子『悪女について』メモ その一
NEW Topics
(シンポジウム)「短歌」はどういう「詩」か:玉城徹
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(4)
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(3)
高木佳子「時評:他方を見ること」について
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(2)
フェスティバル律と菱川善夫
『菱川善夫著作集』第四巻を読む(1)
太田水穂書簡への付記
善光寺の落書
『現代短歌』10月14日発売
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930