最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  斎藤史の七月十三日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 昨日、七月十二日は、二・二六事件に関わった陸軍の青年将校らが処刑された日。ちょうど八十年前のことだ。周知の通り、その将校のなかに斎藤史の幼なじみ、栗原安秀や坂井直がいて、史はその死を悼む歌を残した。

 それらの歌は合同歌集『新風十人』(1940年)に収録され、ついで史の第一歌集『魚歌』(同年)、第二歌集『歴年』(同年)にも収められた。いずれも詞書が付いている。その詞書の一部を引いてみよう。

 七月、友等土に帰す。(『新風十人』)

 七月十三日、帰土。(『魚歌』)

 七月十三日、わが友御裁きに伏す、(『歴年』)


 不思議なのは「七月十三日」という日付。「十二日」ではないのだ。後年の選集『遠景』でも「七月十三日、帰土。」となっており、単純な誤記でもなさそうだ。しかし、「十三日」とする理由はわからない。このことは、以前にも論文のなかで言及したことがあるのだが、いまだに見当が付かない。どなたか、よい考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか?


(2016.7.13 記)

関連記事
NEXT Entry
斎藤史自選歌集『遠景』について、その他(3)
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
125
『〈殺し〉の短歌史』の「斎藤史「濁流」論」の註で、指摘していることですね。『魚歌』の刊行当時、処刑日が7月12日であったことは、どれだけ知られていたのでしょう。

手元に全歌集はないのですが、不識文庫の『改訂版 斎藤史歌集』(2001年)収録の『魚歌』では、詞書が「七月十二日、処刑帰土」に改変されていますね。

126
 松村さん、コメントありがとうございます。

 不識文庫の改訂版の詞書は「十二日」とのこと、知りませんでした。「処刑帰土」も『魚歌』初刊本とはちがった言い方ですね。不識文庫の初版を実家に置いてあるので、そちらはどうなっているのか、近いうちに確かめてみます。

 史の父、斎藤瀏はもちろん「十二日」の日付を知っていました。それにもかかわらず、史が「十三日」と記すのが不思議です。

127
河野裕子著『斎藤史』(1997)においては、既に「七月十二日、処刑帰土」の詞書の形になっています。なので、全歌集から引いたのではないかと思うのですが。

あと、同じく河野裕子著『斎藤史』の中に、斎藤瀏『獄中の記』からの引用で、処刑日を「七月十一日」とした日記が引かれています。

国会図書館のデジタルコレクションで確認すると、1940年東京堂発行のものは「七月十一日」、1941年東京堂発行のものは「七月十二日」になっています。

当初、間違えて「七月十一日」としたものを、翌年になって訂正したようです。

ますますわからなくなってきました。

128
 いろいろと私はうっかりしていました。お恥ずかしい。まず全歌集ですが、底本との異同を調べたつもりでしたが、調べていなかったようです。しかも、いま手元に無くて、すぐには調べられません。

 次に河野裕子『斎藤史』、しばらく読んでいなかったので内容を忘れておりました。『獄中の記』の引用はたしかに「七月十一日」になっていますね。

 その『獄中の記』、初版本と後の版の異同についてもうっかりしていました。国会図書館のデジタルコレクション、私も見てみました。たしかに初版では「十一日」になっている! 我が家にある1941年12月の七十五版では、「十二日」。

 さて、どう考えましょうか。『獄中の記』の当該箇所は日記からの抄出とされています。河野裕子前掲書は「衛戍刑務所の独房に居た斎藤瀏には情報が乏しく、思い違いのまま記したのである。」と解していますが、日記を書くことを習慣付けられた軍人が、いかに収監中とはいえ、そう簡単に日付を間違えるものかどうか。いささか腑に落ちません。

 日記原本と『獄中の記』の原稿には正しく「十二日」と記してあったのに同書初版では誤植で「十一日」になった……という可能性もあるのかなと思います。今ざっと、この初版本を流し読みしたところ、179頁と180頁が入れ替わっていて、これは乱丁とも違うし、なぜこんな現象が起こるのか知りませんが、ともかくそれほど信頼できる本ではなさそうです。

 では『魚歌』も誤植かというと、初版の翌年、1941年7月の三版でも「十三日」のままで、どうもよくわかりません。

129
松村さん、すみません。一度間違えて松村さんのコメントを削除してしまった後、復元したので、投稿の日付が14から15に変わってしまいました。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031