最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  斎藤史自選歌集『遠景』について、その他(3)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 『遠景』は短歌新聞社「現代歌人叢書」の一冊。このシリーズは、巻頭に著者近影を載せる。本書は

長野市勤労福祉センター前にて(昭和46年8月)


とのキャプションが付く一枚である。明治生まれの人の装いとしてはスカートの丈が短いようだが、私の母によれば、当時の流行で「そういうのしか売ってなかった」由。

Fumi Saito 1971


(2016.7.17 記)

関連記事
NEXT Entry
斎藤史の七月十三日(追記)
NEW Topics
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
川野里子『葛原妙子』について(2)第一歌集の異版?
川野里子『葛原妙子』について(1)追記あり
ニホンカジンか、ニッポンカジンか
すぐには信頼できない資料 その2
すぐには信頼できない資料 その1
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031