最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  斎藤史自選歌集『遠景』について、その他(3)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 『遠景』は短歌新聞社「現代歌人叢書」の一冊。このシリーズは、巻頭に著者近影を載せる。本書は

長野市勤労福祉センター前にて(昭和46年8月)


とのキャプションが付く一枚である。明治生まれの人の装いとしてはスカートの丈が短いようだが、私の母によれば、当時の流行で「そういうのしか売ってなかった」由。

Fumi Saito 1971


(2016.7.17 記)

関連記事
NEXT Entry
斎藤史の七月十三日(追記)
NEW Topics
花水木の道で愛を告げたのか(後)
花水木の道で愛を告げたのか(前)
歳の終わりに
井上靖『夏草冬濤』に大正時代の中学生の短歌趣味を見る
エレベーターのボタン
川野里子『葛原妙子』について(6)家族こそ他者……
川野里子『葛原妙子』について(5)渡橋をくぐり……
川野里子『葛原妙子』について(番外)
川野里子『葛原妙子』について(4)ヴィヴィアン・リーと葛原妙子
川野里子『葛原妙子』について(3)塚本邦雄の処女幻想?
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829