最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  斎藤史自選歌集『遠景』について、その他(1)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 『遠景』所収の年譜の話の続き。1930(昭和5)年の項に

 前川佐美雄、石川信夫らと「短歌作品」発刊。


とある。『短歌作品』創刊号は1931年1月1日付の発行。『遠景』以後の史本人以外の編者による年譜では、同誌創刊の記事は1931年の方に移っている。

 年譜に出版物を記載する場合、その年月はたいてい奥付の発行年月の記載に従う。だから、同誌創刊は1931年のこととして記すのが穏当で、『遠景』の年譜の記述は史の単純な記憶違いだと私は思っていた。しかし、あらためて考えてみると、雑誌が1月1日発行ということは、それにかかるさまざまな活動は前年のうちに進んでいたわけだ。史の心のうちでは、『短歌作品』の出発はあくまで1930年の出来事だったのかもしれない。

 ただし、この創刊号に史の名は見えない。史の作品の同誌掲載は第2号(1931年2月)の「夢魔」七首が最初である。この時点ですでに誌上で中心メンバーと同じ待遇を受けているので、創刊の相談には史も加わっていたか。


tankasakuhin1-1.jpg


(2016.7.9 記)

関連記事
NEXT Entry
斎藤史自選歌集『遠景』について、その他(2)
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930