最新の頁   »   短歌一般  »  桐谷侃三と篠弘(2)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

 水穂は同誌の「緊急消息」(「潮音」昭15・11)で言う。善麿を名指しこそしていないが、その「歌章の意味を二重乃至三重の曖昧なる表現を以て目先をくらまし(略)青少年の思想を反国家的危険に導かうとするものさへある」とする。これは、その共通する指摘と語彙からして、善麿を批難しているばかりではない。「桐谷侃三」が水穂であったことを裏書きするものであろう。

(篠弘「挫折と迷走の証明:戦後五十年をめぐる視点」四、『歌壇』1995年9月)


 これがその二十年ぶりの「桐谷侃三」への言及であるが、なんと桐谷侃三が「太田水穂であったこと」を断言している。青丘の「T・K」説が暗に「侃三=水穂」の可能性を否定していたにも関わらず、それには全然触れずに、逆に以前から篠自身がほのめかしていたその「侃三=水穂」の可能性をより強くうち出したのである。

 しかし、私が本当にいぶかしく思うのは、実はこのこと自体ではない。このさらに後、青丘が亡くなったときに、篠はその追悼文で桐谷侃三に言及した。そして、このときは青丘の「T・K」説を取り上げて、次のように述べた。

 青丘氏からの第三の応答(「T・K」説—引用者註)を熟読したところで、わたしの「桐谷侃三」詮索は締めくくられる。T・K氏とは、明治四十四年生まれで、昭和四年四月に「潮音」に入った、高橋勝次氏と推定されるにいたった。

(「青丘氏の犀利な歴史認識:「桐谷侃三」論議の決着」、『潮音』1997年11月)


 ここでは「侃三=水穂」説などどこかに消えてしまい、「T・K」説を素直に受け入れて、そのイニシャルが当てはまる特定の人物の名まで挙げている。前の発言からわずか二年後のことである。

 さて、これは一体どういうことか。

(続く)

(2016.6.10 記)

関連記事
NEXT Entry
桐谷侃三と篠弘(3)
NEW Topics
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その一
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その六
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その五
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その四
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その一
文語を識別する浅野基準について(3)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930