最新の頁   »   短歌一般  »  『塔』2016年4月号を読んで(1)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

逢ふたびに「おひさしぶり!」といふひとが夫となりて七日目のあさ

  田中律子


 こんな歌が届いて、ほんとうにうれしい。おめでとう!

 長い夢から覚めたときのように茫然としている。


(2016.4.18 記)


関連記事
NEXT Entry
『塔』2016年4月号を読んで(2)
NEW Topics
松村正直『戦争の歌』を読む(5)日露戦争、与謝野晶子
松村正直『戦争の歌』を読む(4)日清戦争、樋口一葉
松村正直『戦争の歌』を読む(3)日清戦争、弾琴緒
松村正直『戦争の歌』を読む(2)選歌の基準その2
松村正直『戦争の歌』を読む(1)選歌の基準その1
酒店加六、カフヱークロネコ
春日真木子『北国断片』の一首
ハヅカシとオモハユシ
故人の未公表の著作物を公表できるか
歳の終わりに
コメント
119
お知り合いでしたか?

120
ずっと会っていませんが、親しい友人なんです。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728