最新の頁   »   新芸術派(石川信雄・斎藤史・前川佐美雄)  »  石川信雄と斎藤史 その十
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 斎藤史「歌集『シネマ』」は、石川信雄『シネマ』について

 さてその歌については何も云ふ必要もなかつた。全く、どの頁を開いても、覚えのある知つた作品ばかりだつたから。といふのは、石川氏がそれを発表された時、私がいかに懸命にそれを読んだかと云ふ事でもあり、又彼の歌が、どんなに独自の美しさで私をとらへたか、といふことでもあつた。


と述べ、

ギイヨオム・アポリネエルは空色の士官さん達を空の上に見き


などを引いた上で、

 人の作品ながら、これはもうその頃の私にはいつも髪にさす花のかんざしのやうに身近いものに思はれた。


と讃えた。「空色の士官さん達」の歌の初出(『短歌作品』1932年1月)の時から史はそれに魅了されていたということだ。事実、そうであったからこそ、史はすぐ後に

春はまことにはればれしくて四ツ辻のお巡査(まわり)さんも笛をひびかす(1)

  『短歌作品』1932年3月号初出。『魚歌』(1940年)所収。


の一首で、さん付けの「お巡査さん」という話し言葉も使用できたのだろう。ちなみに、『魚歌』に、

びらびらの花簪のわが母にずつと前の春まちで出逢ひき(2)


という歌があるが、第三句「わが母に」は初出(『短歌作品』1932年3月)では「母さんに」だった。ここにも同様の影響関係を認めることができるかもしれない。


 (1)ルビ「まわり」の仮名遣いは原本のまま。
  (2)「簪」は、原本では竹冠の無い字。


(2016.3.27 記)
関連記事
NEXT Entry
『塔』2016年4月号を読んで(1)
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930