最新の頁   »   中城ふみ子  »  罪の意識
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 小川太郎の著書によれば、中城ふみ子が「自らに課せられた過酷な運命」をはっきりと自覚したのは、癌が再発し、二度にわたる手術を受けたときだった。幼なじみの親友を病室に呼び、しみじみと語り合う中で、ふみ子は

「離婚したこと、中絶したことも、乳癌の原因だったかもしれないわね」


と言った、という(『聞かせてよ愛の言葉を:ドキュメント・中城ふみ子』本阿弥書店、1995年。154頁)。

 このふみ子の発言に明瞭にみとめられる罪の意識は、『乳房喪失』(1954年)の一首、

メスのもとひらかれてゆく過去がありわが胎児らは闇に蹴り合ふ


につながるものとして興味深い。

 ただし、発言内容がそのまま歌の内容になっていないことには注意すべきだろう。両者はつながりつつ、同時に遠く隔たってもいる。

 病室での発言に沿って考えるなら、中絶や離婚の罪は、乳癌という罰を受けることで許されるのかもしれない。しかし、歌において、胎児と病とは因果関係を持たない。罪の象徴としての胎児は闇の中に残り、ことごとに母をとがめるだろう。


(2016.3.12 記)

関連記事
NEXT Entry
石川信雄と斎藤史 その九
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930