最新の頁   »   葛原妙子  »  葛原妙子と百済観音
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
しづかなる大和の寺を覗きみぬ聖娼婦百済観音の足

  葛原妙子(『短歌』1980年1月、後に『をがたま』所収)



 ヘロドトス『歴史』にも記されている古代文明の風習に神殿売春というものがあり、「聖娼婦」は本来それに携わる者を指す翻訳語のようだ。葛原妙子の掲出歌がその語を百済観音に対して用いるのは、なぜだろう。

 推測するに、これは井上政次『大和古寺』(1941年9月初刊)が百済観音を「聖処女」と呼んでいたのを踏まえ、逆さに引っ繰り返したものではなかろうか。葛原は早くから古美術への関心を示し、

(にひ)年の暁けの目覚めに顕(た)ちてくる斑鳩の寺の壁画の幻像
  (『潮音』1941年2月)


といった歌を残していた。戦後まで繰り返し増刷された『大和古寺』を葛原が読んでいた可能性は大いにあろう。

 井上の「聖処女」という表現がとくにマリアを意識したものでないように、葛原の「聖娼婦」も古代の風習と直接関係するものではないようだ。稲葉京子『葛原妙子』(1992年)は実際の百済観音について、

 私などが見ると、二メートル余のそのすらりとした長身痩躯の美しいすがたに比して、むしろその足は幾らか部厚く無雑作で無防備というか、あどけない感じを受ける。


と述べていて、私も実は同感である。しかし、葛原は「長身痩躯」の清楚さに比べ、ややアンバランスに量感を感じさせる足に淫靡さを感じ取ったものか。


(2016.2.22 記)

関連記事
NEXT Entry
葛原妙子年譜覚書
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930