最新の頁   »   葛原妙子  »  『葛原妙子全歌集』短歌新聞社版と砂子屋書房版の異同(2)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

(ほと)に麦生(な)り尻に豆生りし比売をりて男神に殺さましし
  (短歌新聞社版、377頁、『をがたま』)

(ほと)に麦生(な)り尻に豆生りし比売をりて男神に殺さましし
  (砂子屋書房版、519頁、同)


 短歌新聞社版の字句は初出(『短歌現代』1978年2月)と同じ。砂子屋書房版の「殺され」は担当者の入力ミスにしては文法が正確で、むしろ奇妙に感じられる。あるいは、これは同書凡例の次の項を適用したものか。

一、明らかな誤植と認められる箇所については、校正の段階で訂正を加えた。


 しかし、初出及び短歌新聞社版の「殺さえ」は、明らかに誤植ではない。この歌は、いうまでもなく古事記のスサノヲの話に取材したものだ。原文に「所殺神於身生物者」とあるのを、たとえば1977年刊行の『新訂古事記』(角川文庫、武田祐吉訳注、中村啓信補訂・解説)は、

 殺さえましし神の身に生れる物は


と書き下している。「え」は耳慣れない言い方かもしれないが、要するに上代の受身の助動詞なのである。

 葛原の一首の「殺さえ」は、「陰に麦生り尻に豆生り」といった言い回しや「比売」の用字と同じく、古事記の世界の雰囲気を醸し出す効果をねらって、その書き下し文の字句を借りたものと考えられる。もし砂子屋書房版の「殺され」がことさらにした「訂正」なら、それは不要な作業だったと思う。


(2016.1.29 記)
関連記事
NEXT Entry
猥談
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
117
『葛原妙子全歌集』のテキストの異同の話、興味深く拝読しています。どれも論拠が明快で説得力があります。こうした緻密な作業は、研究を進める上で欠かせないものですね。

118
 松村さん、コメントありがとうございます。私もちょうど松村さんのブログにコメントを入れようと思っていたところでした。

 全歌集はときたま元の歌集原本と異同があります。どの歌人の本を読む場合でも、元の歌集はなかなか手に入らないので、全歌集で読むことが多いですよね。それで歌集原本と異なる字句が流布することもあるのかなと思います。葛原妙子以外の歌人の全歌集でも、調べていくと色々出てくるはずです。

Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930