最新の頁   »   ご挨拶  »  歳の終わりに
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 昨年も一昨年も、「今年したこと」を並べる記事を12月31日に出した。それで、今年も同じことをしようとしたのだが、とくに書くことがない! 形に残ることを何一つしない一年だったのだな。

 当ブログも大休止が多かった。夏に東郷氏、松村さんと議論できたことがうれしかった。お二人に感謝。

 来年は形に残ることをしたい。斎藤史の評伝の資料はかなり集まったが、まだ足りないピースがある。でも、中間報告という形でそろそろ書き始めようか。そのほかに宮柊二、永井陽子、笹原常与……。

 三年続けて喪中につき、新年の御挨拶をいたしません。よろしければ、来年もときどき当ブログの更新を確かめてやってください。


(2015.12.31 記)


関連記事
NEXT Entry
砂子屋書房版『葛原妙子全歌集』の底本
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930