最新の頁   »   短歌一般  »  『埃吹く街』雑感(3)生き行くは楽し
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

生き行くは楽しと歌ひ去りながら幕下りたれば湧く涙かも

  近藤芳美『埃吹く街』


 有名歌が数多くあるこの歌集のなかで、これもよく知られた一首。国の言論統制がなくなり、しかも商業主義はいまだきたらず、終戦から数年間は最も文化的な雰囲気に満ちた時代だった、とは私の恩師がよく語っていたことだが、ちょうどその初めの時期、観劇に材を取ったのがこの歌である。「生き行くは楽し」の歌詞に反応した涙がまず戦争体験から来たものであったことは、わざわざいうまでもない。

 さて、のちに作者本人が記したところによると、それは1946年2月の新協劇団の舞台だったという。

 忘れ去ったものとばかり思っていたその遠い舞台のことを、妻が仕舞ってあった古いぼろぼろのプログラムを探し出し、思い出させてくれた。一九四六年二月、有楽町の邦楽座で新協劇団のフェドロヴァ作「幸福の家」という劇が上演されており、きっとそれだったのであろう。新協劇団は戦時中弾圧により解散させられ、戦後再出発する最初に村山知義の演出で「幸福の家」を取り上げた。劇場である邦楽座もまた、戦災を受けたのを修復したばかりであった。

  近藤芳美『歌ひ来しかた:わが短歌戦後史』(岩波新書、1986年)


 古いプログラムが残っていたということだから、間違いない話なのだろう。

 ただ、それはそれとして、「生き行くは楽し」という歌詞は実際にそのままの言い回しで1946年2月の邦楽座で歌われたのかどうか。ちょっと調べたが、わからなかった。

 同年同月に劇団が発行したパンフレット『新協』再刊1号を見ると、『幸福の家』に関連して、

 ・村山知義「幸福とは何か?(演出者の言葉)」
 ・「梗概」

が載っているが、それらのなかに「生き行くは楽し」に類する言葉は見えない。同じく同年同月発行の雑誌『劇場』には『幸福の家』の舞台写真とともに、

 ・村山知義「新協劇団活動を再開す」
 ・太田咲太郎「「幸福の家」を観る」

が載るものの、劇中の歌詞に触れたところはない。原作小説の翻訳版(1941年)も少し読んでみたが、やはりそれらしい言葉は見当たらない。劇のプログラムは、残念ながら未見のままだ。

 私がこの歌詞に関心を持つのは、近藤作に先行して次の一首があるからだ。

生きゆくは楽しかりけりさまざまに一日は過ぎて終(つひ)に思ふも

  柴生田稔『春山』(1941年)


 近藤は『春山』を発刊直後に読んで、短歌が「有閑のことばで無いと云ふこと」を知り、また「子規左千夫から茂吉文明にうけつがれて来た一つの文学の血筋」を学んだという(白玉書房版『春山』1953年、に収載の「解説」)。近藤自身が意識していたか否かはともかく、近藤の語彙のなかに元々柴生田の歌の言葉があって、その上で『埃吹く街』の一首が成ったことは確実だろう。

 柴生田の歌は歌集の1940年の章にある。戦争の時代を背景に置いて、同じ章の苦悩に満ちた抒情歌、

(もだ)しつつしぬべる心かりそめに甲(よろ)ふ心とわが言はなくに


などと並べて読むとき、「生きゆくは楽しかりけり」の詠嘆はやや複雑な色合いを帯びる。戦中・戦後の違いはあれ、その色合いは近藤の歌の「生き行くは楽し」にまで通じているはずだ。

 私の見立てのとおりだとすれば、そこにかいま見えているのは、昭和のインテリゲンチャの歌の系譜である。
 

(2015.10.22 記)
関連記事
NEXT Entry
『埃吹く街』雑感(4)「ながら」の使い方
NEW Topics
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(3)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(2)
『ねむらない樹』vol.5の訂正記事について(1)
ご挨拶
できんくなるかもしれん考
第一回BR賞並びに石井大成「〈ほんまのこと〉への機構」メモ
山崎聡子「わたしたちが身体を所有すること」メモ
「意志表示せまり声なきこえ」の解釈
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(9)
『現代短歌』2020年5月号(特集 短歌と差別表現)について(8)
コメント
114
この歌については、僕も少し調べたことがあるのですが、やはり歌詞通りなのかわかりませんでした。早稲田大学演劇博物館のデータベースで検索すると、プログラムは収蔵しているようですが、台本はありませんね。
http://www.enpaku.waseda.ac.jp/db/enpakujoho/

「柴生田―近藤」という系譜、影響の指摘は大事だと思います。アララギには、けっこうそうした同じ言い回しがありますね。

以前、大辻隆弘さんが岡井さんの「才能を疑ひて去りし学なりき今日新しき心に聴く原子核論」という一首の「才能を疑ひて」という言い回しが、昭和十年代のアララギにおいて多用されていた(杉浦明平、近藤芳美、土屋文明、吉田正俊)ことを「レ・パピエ・シアン」で実証していたのを思い出しました。

115
(すみません、旅行でネット閲覧とコメントができませんでした。)

 プログラムの情報ありがとうございます!!確かに早稲田にあるようですね。この一首について調査されたとのことですが、考察を雑誌等に発表されていますか? 先行文献を調べきれていないので、お教えいただければ幸いです。

 大辻さんの文章も未見です。実に興味深い指摘ですね。以前「レ・パピエ・シアン」を購読したいと思ったことがあったのですが、申し込み方が分かりませんでした。ご存知でしょうか?


116
この歌については何も発表はしてません。自分で少し調べただけです。「生き行くは楽し」の元になったセリフがわかると良いのですが。

「レ・パピエ・シアン」は、大辻隆弘さんが発行所となっているので、大辻さんに聞けばわかると思います。1冊300円。「才能を疑ひて」の話は2013年4月号に載ってました。

大辻さんは「戦後アララギを読む」という長期連載をしていて、今は未発表の資料をもとに相良宏について書いています。


Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930