最新の頁   »   短歌一般  »  特攻隊という略語
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 『芸苑』は尾山篤二郎が主宰していた歌誌だが、その1945年2月号に掲載された高須茂の随筆に次のような一節がある。

 間違ひといふわけではないが、近頃不愉快な言葉に「特攻隊」といふのがある。「特別攻撃隊」の略称である。呆れてものが云へぬ。

  (高須茂「番町日記」3。高須は『日本歌人』創刊同人だった人)


 高須の憤りは理解できる。言葉を短く略して使うと、往々にして元の言葉よりも語感が軽くなる。それだけではない。言葉が指すモノ・コトまで軽く見られがちになる。例えば、特別急行は「特急」と略して呼ばれるようになるや、たちまち日本全国の鉄道で走ることになり、その本数はやがて急行をはるかに超えてしまった。「特攻隊」という略語が特別攻撃隊の存在を軽んじているように、高須には感じられたのだろう。

 先日、NHK総合テレビのドキュメンタリー番組『特攻~なぜ拡大したのか~』(8月8日(土)22時放映)で軍の内部文書が紹介されているのを見たが、その文書にも当然のように「特攻隊」とあった。軍の上層部が特別攻撃隊とそれを採用する作戦の重大性についてどのように認識していたか、推して知るべきか。


(2015.8.13 記)

関連記事
NEXT Entry
『短歌研究』2015年8月号を読む(2)三枝昂之『「短歌研究」戦後復刊号を読む』
NEW Topics
川野芽生「うつくしい顔」について
松村正直『戦争の歌』を読む(番外)日露戦争、石上露子
平岡直子のニューウェーブ批判について
松村正直『戦争の歌』を読む(7)第一次上海事変、北原白秋その2
松村正直『戦争の歌』を読む(6)第一次上海事変、北原白秋その1
松村正直『戦争の歌』を読む(5)日露戦争、与謝野晶子
松村正直『戦争の歌』を読む(4)日清戦争、樋口一葉
松村正直『戦争の歌』を読む(3)日清戦争、弾琴緒
松村正直『戦争の歌』を読む(2)選歌の基準その2
松村正直『戦争の歌』を読む(1)選歌の基準その1
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031