最新の頁   »   動詞の終止形に関するノート  »  動詞の終止形に関するノート(4)短歌の用例
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 何を状態動詞とし、何を動作動詞とするかの区別に自信がないので、とりあえずその辺りは気にせず、動詞の終止形で言い切る短歌作品を思い付くまま挙げてみよう。

ふるさとの訛なつかし
停車場の人ごみの中に
そを聴きにゆく

  石川啄木

椎の葉にながき一聯の風ふきてきこゆる時にこころは憩ふ
  佐藤佐太郎

メスのもとひらかれてゆく過去がありわが胎児らは闇に蹴り合ふ
  中城ふみ子


 停車場にふるさとの訛を聴きに行くのは、習慣的動作のようだ。風音が聞こえるときに緊張を解くのも習慣かもしれない。胎児らが闇の中で蹴り合う幻想は、この女の脳裏から常に去らなかったものだろう。

枯葦の中に直ちに入り来り汽船は今し速力おとす
  土屋文明

沈黙のわれに見よとぞ百房の黒き葡萄に雨ふりそそぐ
  斎藤茂吉

金の眼をしたる牝猫が曇りつつ寒き昼すぎの畳をあるく
  佐藤佐太郎

行きて負ふかなしみぞここ鳥髪に雪降るさらば明日も降りなむ
  山中智恵子

一夏(いちげ)過ぐその変遷の風かみにするどくジャック・チボーたらむと
  小池光


 だが、汽船が速力をおとすのは? 百房の葡萄に雨が降りそそぐのは? 私には現在進行の出来事のようにも感じられるが、よく分からない。牝猫が畳をあるくと言い、鳥髪に雪が降ると言う。習慣的動作とも未来の動作とも思われないが、どうだろう。夏が過ぎるのは季節の循環かもしれないが、一夏が過ぎるのは?


(2015.7.17 記)

関連記事
NEXT Entry
動詞の終止形に関するノート(5)再び東郷説と松村説の比較など
NEW Topics
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その一
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その六
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その五
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その四
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その一
文語を識別する浅野基準について(3)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930