最新の頁   »   動詞の終止形に関するノート  »  動詞の終止形に関するノート(2)ル形は基本的に「未然・習慣」を表す、のか
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 東郷氏の言を再度引けば、

 「ある」「いる」のような状態動詞のル形は現在の状態を表すが、動作動詞のル形は習慣的動作か、さもなくば意思未来を表す(略)。このためル形の終止は出来事感が薄い。何かが起きたという気がしないのである。(『橄欖追放』第164回)


とのことだ。現代日本語の話者の一人として、「動作動詞」の終止形止めが反復・習慣や未来を表わすことは私ももちろん知っている。ただ、その上で、そうでない場合もあるのではないかと疑っている。

 東郷氏の説明は、現代語に限定したもののようにも思える。漢文訓読の肯定文の文末は一般に終止形だ。和文でも終止形の文末が頻出する文学作品がある。たまたま手元にある『雨月物語』の「菊花の約」から引こうか。

 いひもをはらず抜打ちに斬りつくれば、一刀にてそこに倒る。家眷ども立騒ぐひまに、はやく逃れ出で、跡なし。



 この「一刀にてそこに倒る。」の末尾を「倒れけり。」にしたら出来事感がより濃くなる、などと考えてみても無益だという気がする。もっとも、「菊花の約」には「十日を経て富田の大城にいたりぬ。」といった言い回しもあって、その使い分けについて考える必要はあるだろう。

 なおまた、詩的言語は同時代の一般的語法に制限されなければならないものか。


(2015.7.14 記)

関連記事
NEXT Entry
動詞の終止形に関するノート(3)「未決定の浮遊感」はル形から来る印象か
NEW Topics
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 補遺その一
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その六
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その五
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その四
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その三
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その二
シンポジウム「ニューウェーブ30年」覚書 その一
文語を識別する浅野基準について(3)
コメント
Trackback
コメントを書く
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
和爾猫より

和爾猫

Author:和爾猫
-
主に近現代の短歌について調べています。
同じ趣味の方がいらしたらうれしいです。

情報のご教示などいただけたら、
さらにうれしいです!

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930